中尾 茂夫
ナカオ シゲオ

1954年生まれ。明治学院大学教授。経済学博士。シカゴ連邦準備銀行、トロント大学、西ミシガン大学、カリフォルニア大学リバーサイド校、タイNIDA、中国人民大学、マカオ大学等で、客員研究員・客員教授を、国内ではNHKやJBIC(国際協力銀行)等の依頼による調査研究主査を務める。著書に、『ジャパンマネーの内幕』(岩波書店、第32回エコノミスト賞)、『ハイエナ資本主義』(ちくま新書)、『トライアングル資本主義』(東洋経済新報社)などがある。

検索結果

前のページへ戻る
3件1~3件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

日本が外資に喰われる

中尾 茂夫 著 

「資産の壮大な歴史的移転」はなぜ起きたのか。転換点となった不良債権処理ビジネスの力学を解明し、「失われた30年」が物語る日本社会の仕組みを描く。

ちくま新書  新書判   320頁   刊行日 2019/03/05  ISBN 978-4-480-07205-4
JANコード 9784480072054

定価:本体940 円+税

在庫  ○

ハイエナ資本主義

中尾 茂夫 著 

不良債権から抜け出せない日本は、今やIMF管理まで囁かれつつある。世界を劇的に変えたグローバリズムの功罪を検証し、日本型システムの未来について考える。

ちくま新書  新書判   240頁   刊行日 2002/04/18  ISBN 4-480-05942-3
JANコード 9784480059420

定価:本体720 円+税

ドル支配は続くか

中尾 茂夫 著 

情報通信の急速な進展は金融の世界に革命的変化をもたらした。ユーロ登場などによって大競争時代を迎えた国際金融システムを展望する。

ちくま新書  新書判   224頁   刊行日 1998/11/19  ISBN 4-480-05779-X
JANコード 9784480057792

定価:本体660 円+税

  • 1