高橋 源一郎
タカハシ ゲンイチロウ

1951年1月1日広島県生まれ。81年『さようなら、ギャングたち』(現在、講談社文芸文庫)で第4回群像新人長篇(★正字です)小説賞受賞。88年『優雅で感傷的な日本野球』(現在、河出文庫)で第1回三島由紀夫賞、2002年『日本文学盛衰史』で第13回伊藤整文学賞を受賞。著書に、『ミヤザワケンジ・グレーテストヒッツ』(第16回宮沢賢治賞受賞、集英社文庫)、『恋する原発』(講談社)、『「あの日」からぼくが考えている「正しさ」について』(河出書房新社)など多数。

検索結果

前のページへ戻る
2件1~2件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

ニッポンの小説 ─百年の孤独

高橋 源一郎 著 

わかりやすく文学の根源的質問に答える。「言葉とは?」「日本近代文学とは?」いま明らかにされる文学百年の秘密。 <br /> 【解説: 川上弘美 】

ちくま文庫  文庫判   528頁   刊行日 2012/04/10  ISBN 978-4-480-42928-5
JANコード 9784480429285

定価:本体1,100 円+税

在庫  ○

どうして書くの? 穂村弘対談集

穂村 弘 著  高橋 源一郎 著  長嶋 有 著  中島 たい子 著  一青 窈 著  竹西 寛子 著  山崎 ナオコーラ 著  川上 弘美 著 

高橋源一郎、長嶋有、山崎ナオコーラ、川上弘美他、作家と繰り広げる表現談義。なぜ言葉で表現することを選んだの? 小説って? 表現って何? 僕に教えて!

単行本  四六判   288頁   刊行日 2009/09/10  ISBN 978-4-480-81663-4
JANコード 9784480816634

定価:本体1,500 円+税

在庫  ○

  • 1