ヘレ・ヘレ
ヘレ,ヘレ

1965年デンマーク南部ロラン島生まれ。本名ヘレ・オルセン。コペンハーゲン大学卒業後、国営ラジオで働くかたわら小説を発表。1990年代、ペンネームを「ヘレ・ヘレ」に改めてからの一連の作品で、ミニマリスト的リアリズムの旗手と目される。05年の“Rodby-Puttgarten” 、08年の 『犬に堕ちても』で高い評価を得て、P.O.エンクウィスト賞を受賞。11年の“Dette burde skrives i nutid” で由緒ある〈黄金月桂冠〉文学賞を受賞。

検索結果

前のページへ戻る
1件1~1件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

犬に堕ちても

ヘレ・ヘレ 著  渡辺 洋美 翻訳 

ある日突然、日常から逃げ出して海辺の田舎町に辿りついた女性作家は、一組の親切な若いカップルと出会い共同生活を始める。デンマークを代表する女性作家の本邦初訳。

単行本  四六判   224頁   刊行日 2014/03/06  ISBN 978-4-480-83208-5
JANコード 9784480832085

定価:本体2,300 円+税

在庫  ○

  • 1