アンナ・カヴァン
アンナ・カヴァン

イギリスの作家。1901年、フランスのカンヌ生まれ。ヘレン・ファーガソン名義で長篇数作を発表後、『アサイラム・ピース』(40)からアンナ・カヴァンと改名。不安定な精神状態を抱え、ヘロインを常用しながら、不穏な緊迫感に満ちた先鋭的作品を書き続ける。世界の終末を描いた傑作『氷』(67)で注目を集めたが、翌68年に死去。

検索結果

前のページへ戻る
2件1~2件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

アサイラム・ピース

アンナ・カヴァン 著  山田 和子 翻訳 

出口なしの閉塞感と絶対の孤独、謎と不条理に満ちた世界を先鋭的スタイルで描き、作家アンナ・カヴァンの誕生を告げた最初の傑作。解説 皆川博子

ちくま文庫  文庫判   240頁   刊行日 2019/07/09  ISBN 978-4-480-43603-0
JANコード 9784480436030

定価:本体860 円+税

在庫  問合せ

アンナ・カヴァン 著  山田 和子 翻訳 

氷が全世界を覆いつくそうとしていた。私は少女の行方を必死に探し求める。恐ろしくも美しい終末のヴィジョンで読者を魅了した伝説的名作。

ちくま文庫  文庫判   288頁   刊行日 2015/03/10  ISBN 978-4-480-43250-6
JANコード 9784480432506

定価:本体900 円+税

在庫  ○

  • 1