マイケル・S・ガザニガ
ガザニガ、マイケル・S

1939年生まれ。カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授(心理学)。同大学「SAGE心の研究センター」所長。カリフォルニア工科大学でロジャー・スペリーの指導を受け、心理生物学のPh.D.を取得。分離脳や右脳/左脳の研究で知られる認知神経科学の世界的権威。おもな著書に、『社会的脳』『脳のなかの倫理』『〈わたし〉はどこにあるのか』などがある。

検索結果

前のページへ戻る
2件1~2件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

人間とはなにか 上 ─脳が明かす「人間らしさ」の起源

マイケル・S・ガザニガ 著  柴田 裕之 翻訳 

人間を人間たらしめているものとは何か? 脳科学界を長年牽引してきた著者が、最新の科学的成果を織り交ぜつつその核心に迫るスリリングな試み。

ちくま学芸文庫  文庫判   384頁   刊行日 2018/03/06  ISBN 978-4-480-09851-1
JANコード 9784480098511

定価:本体1,300 円+税

在庫  ○

人間とはなにか 下 ─脳が明かす「人間らしさ」の起源

マイケル・S・ガザニガ 著  柴田 裕之 翻訳 

人間の脳はほかの動物の脳といったい何が違うのか? 社会性、道徳、情動、芸術など多方面から「人間らしさ」の根源を問う。ガザニガ渾身の大著!

ちくま学芸文庫  文庫判   368頁   刊行日 2018/03/06  ISBN 978-4-480-09852-8
JANコード 9784480098528

定価:本体1,300 円+税

在庫  ○

  • 1