桃崎 有一郎
モモサキ ユウイチロウ

1978年、東京都生まれ。2001年、慶應義塾大学文学部卒業。2007年、慶應義塾大学大学院文学研究科後期博士課程単位取得退学、博士(史学)。現在、高千穂大学商学部教授。専門は、古代・中世の礼制と法制・政治の関係史。著書に『平安京はいらなかった』(吉川弘文館)『中世京都の空間構造と礼節体系』(思文閣出版)、『室町政権の首府構想と京都─室町・北山・東山─』(文理閣、共編著)がある。

検索結果

前のページへ戻る
2件1~2件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

武士の起源を解きあかす ─混血する古代、創発される中世

桃崎 有一郎 著 

武士はどこでどうやって誕生したのか。日本を長期間統治した彼らのはじまりは「諸説ある」として不明とされていた。古代と中世をまたぎ、日本史最大の謎に挑む。

ちくま新書  新書判   336頁   刊行日 2018/11/05  ISBN 978-4-480-07178-1
JANコード 9784480071781

定価:本体980 円+税

在庫  ○

室町の覇者 足利義満 ─朝廷と幕府はいかに統一されたか

桃崎 有一郎 著 

朝廷の支配者であり、幕府のトップ。その権力の源泉は儀礼の奥義と、無言の恫喝とジョークで、それは天皇までも翻弄した。知られざる義満の正体を深堀する。

ちくま新書  新書判   352頁   刊行日 2020/01/06  ISBN 978-4-480-07279-5
JANコード 9784480072795

定価:本体1,000 円+税

在庫  ○

  • 1