浪速のスーパーティーチャー守本の授業実践例
第四章 評論

第四章 評論

2 「異文化としての子ども」 本田和子

前のページへ 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 次のページへ

③子どもの表現――身体の表現

 「身体の表現」について三浦雅士はこう指摘しています。

 想像力といえば、意識の問題と考えられがちだが、そうではない。それはまず身体の問題なのだ。身体がまず他人の身体になりきるのである。その運動、その緊張、その痛みを分け持ってしまう。想像力の基盤は身体にあるとさえ言いたいほどである。(三浦雅士「考える身体」 筑摩書房『国語総合 改訂版』151頁3行目)

 「意識」ではなく、「身体」こそが想像力の基盤であるという指摘は、まさに子どもに当てはまります。砂場や消防署で見せた子どもの感覚や発想が、それを裏付けています。また、子どもは、いろいろなものをまねてよく遊びますが、それも身体的な把握ということなのです。理性的な理解や把握ではなく、まねを通して対象と自分とをつなげているのです。また、三浦はこう続けています。

 舞踊や遊戯は、身体を介して、人と人の共同性のみならず、人と自然の共同性をも教えたはずである。身体の想像力は、人と動物、人と自然の境界をも、やすやすと越えたはずだからだ。(同152頁14行目)

 「身体の想像力は、人と自然の境界を越える」というこの指摘も、子どもが身体を通して、直接、人や自然と結びついていることと合致しています。近代の理性と意識で、自然と自らの間に境界を設けてしまった大人と、子どもの違いがここにあることがわかります。

前のページへ 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 次のページへ
指導案のダウンロードはこちらから
「異文化としての子ども」の指導案をダウンロード
※ダウンロードは右クリックでファイルを保存してください。
ちくまの教科書トップページへ テスト問題作成システム テスト問題作成システム:デモ版 筑摩書房ホームページへ 筑摩書房のWebマガジンへ お問い合わせ