信じることと、疑うことと

なだ いなだ

常識の中にひそむうそや思い込みを鋭く指摘し、簡単に信じてしまう危険性を説く。分かるとはどういうことか? 人を説得するとは?

信じることと、疑うことと
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体560円+税
  • Cコード:0195
  • 整理番号:な-2-10
  • 刊行日: 1996/05/23
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:224
  • ISBN:4-480-03157-X
  • JANコード:9784480031570
なだ いなだ
なだ いなだ

ナダ イナダ

1929年東京生まれ。慶応義塾大学医学部卒業。精神科医、作家。フランス留学後、東京武蔵野病院などを経て、国立療養所久里浜病院のアルコール依存治療専門病棟に勤務。1965年、『パパのおくりもの』で作家デビュー。著書に『TN君の伝記』『くるいきちがい考』『心の底をのぞいたら』『こころの底に見えたもの』『ふり返る勇気』などがある。

この本の内容

「大きなうそも、声高に叫べば信じられる、といったのはナチの宣伝相だったが、うそをつき続けた彼の、唯一の真理の言葉がこれであった」昨今の“声高な言葉”を安易に信じてしまう危険性を指摘し、本当にわかるということは、どういうことかを考える一冊。オウム、住専、TBS問題…様々な嘘が明らかになった。だまされた側の責任とは。

この本の目次

管理社会の時代は、もう来ているのか
「うそ」が信じられる時代
沈黙に耳を
子供の単純素朴さと独断と偏見
ある奇妙な記事
遅れているのか、だまされているのか?
公平と不人情について
昔とはいつのこと
ことばの役割

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可