漢文楽話

多久 弘一

四角い漢字をまあるく感じる。故事成語、小詩選、残酷話、食べ物の話など、代々木ゼミでお馴染みの多久先生が語る「漢文」を楽に楽しむお話。

漢文楽話
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体720円+税
  • Cコード:0198
  • 整理番号:た-28-2
  • 刊行日: 1999/05/24
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:304
  • ISBN:4-480-03478-1
  • JANコード:9784480034786
多久 弘一
多久 弘一

タク ヒロイチ

大連生まれ。中国在住20余年。その間、北京大学に留学、旧制奉天第一中学校等に勤務。終戦時、国立瀋陽医学院(旧満州医科大学)東洋医学研究所、岡西為人博士のもと留用日僑となる。帰国後、大学・高校教師を経て、代々木ゼミナール講師を40年以上、その後、同校校長を務めた。主な著書に『漢文楽話』『新版漢文解釈辞典』『香林寺本・?源詩集・読解篇』等がある(著者写真:原敬明)。

この本の内容

「民」という字の本当の意味は?「料理」は中国人に通じない?「銀行」は何語?「熊の掌」はうまいのか?などなど、長年代々木ゼミナールで大人気漢文講義を続けてきた著者が、食の話、糞尿譚、残酷誌など豊富なエピソードで、一見小難しい漢文を楽に楽しく読み解く方法を伝授。

この本の目次

第1部 字と句の部(漢字をカンジてみよう
なにか誤用はありませんか
中国の街角で)
第2部 文と詩の話(故事成語こぼれ話
迷(名)君珍臣列伝
漢文食いっ話、飲みっ話
中国糞尿譚 ほか)

読者の感想

2008.5.23 あゆ

漢文というと難しいとか大学受験で苦しんだとか、あまり良いイメージがないのは事実。でも、この多久先生の「漢文楽話」は、それらイメージのまったく逆である。「楽しい」「ためになる」「知らなかった」「なるほど」のオンパレードである。片意地張らずに気楽に読み、楽しめる。さらに、読みながら歴史や中国文学の知識が身につくのである。勉強から離れたサラリーマン世代が通勤途中で読むのにもってこいの書籍です。ぜひ、電車の中で生きた知識をつけましょう。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可