バレエへの招待

鈴木 晶

「白鳥の湖」の王子様はマザコンだった。19世紀のバレエに三角関係が多いのは?――クラシックから現代バレエまでを的確に位置付け、その裏にある意味を探る。

バレエへの招待
  • シリーズ:シリーズ・全集
  • 定価:本体1,200円+税
  • Cコード:0373
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2002/09/24
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:B6判
  • ページ数:224
  • ISBN:4-480-04251-2
  • JANコード:9784480042514
鈴木 晶
鈴木 晶

スズキ ショウ

1952年東京生まれ。東京大学文学部露文科卒。現在、法政大学国際文化学部教授。専門は精神分析学、身体表現論。翻訳家、舞踊評論家としても活躍。著書に『知識ゼロからの精神分析入門』(幻冬舎)、『世界一おもしろい精神分析の本』(三笠書房)、『バレエ誕生』(新書館)、『バレエへの招待』(筑摩書房)、訳書に『愛するということ』(フロム、紀伊國屋書店)、『死ぬ瞬間』(キューブラー・ロス、中公文庫)、ほか多数。

この本の内容

バレエには大きくいって二つの流れがあります。ストーリーや人間の感情を演劇的に踊りで表現しようとする流れと、純粋に「動き」としての美しさを追求しようとする流れと。クラシックから現代バレエまでの流れをきっちりと位置づけつつ、各作品の生まれた時代背景や、精神分析的な意味にも深くわけいっていく、思わず興奮のバレエ論。

この本の目次

1 現世と異界を繋ぐもの―近代バレエの誕生
2 自立するダンス―ロマンティックからクラシックへ
3 男たちの祝祭―バレエ・リュスという転換
4 ドラマのあるダンス―二十世紀バレエその1
5 ドラマではなく形を―二十世紀バレエその2
6 モダン・ダンスとバレエ―二十世紀バレエその3

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可