自分を知るための哲学入門

竹田 青嗣

哲学はどういう視点から読めば分かるのか? 自分を知るアートとしての哲学の読みどころをきわめて親切に平易に、とても大胆に元気に把え直した斬新な入門書。

自分を知るための哲学入門
  • シリーズ:シリーズ・全集
  • 定価:本体1,300円+税
  • Cコード:0310
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1990/10/29
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:272
  • ISBN:4-480-05147-3
  • JANコード:9784480051479
竹田 青嗣
竹田 青嗣

タケダ セイジ

1947年生まれ。 早稲田大学政治経済学部卒業。現在、早稲田大学国際教養学部教授。自分を深く知るために、他者とほんとうに関わるために哲学するユニークな思想家。著書に『自分を知るための哲学入門』『現代思想の冒険』『恋愛論』(ちくま学芸文庫)、『ニーチェ入門』『人間の未来』(ちくま新書)、『中学生からの哲学「超」入門』(ちくまプリマー新書)、『現象学入門』(NHKブックス)、『ハイデガー入門』『完全解読 ヘーゲル「精神現象学」』『完全解読 カント「純粋理性批判」』(講談社選書メチエ)などがある。

この本の内容

哲学はどういう視点から読めばわかるのか。哲学とは自分を深く知るための、他者とほんとうに関わるための、もっともすぐれた技術なのだ。哲学思想をきわめて親切に平易に、とても大胆に元気にとらえなおした斬新な入門書。

この本の目次

第1章 哲学“平らげ”研究会
第2章 わたしの哲学入門
第3章 ギリシャ哲学の思考
第4章 近代哲学の道
第5章 近代哲学の新しい展開
終章 現代社会と哲学
読書案内

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可