これが戦争だ! ─切手で読みとく

内藤 陽介

正義は我にありと主張し、敵国をあざ笑い、自国民を戦争へと駆り立てる―。アヘン戦争からイラク戦争までの戦争の諸相を、国家のメディアたる切手を通して描く。

これが戦争だ! ─切手で読みとく
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体780円+税
  • Cコード:0265
  • 整理番号:587
  • 刊行日: 2006/03/06
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:256
  • ISBN:4-480-06291-2
  • JANコード:9784480062918

この本の内容

百年たっても戦争の理由はあまり変わらない。国益になるから、あるいは国益が損なわれそうだから戦争を仕掛ける。だからこそ自国の正しさを主張し、敵国をおとしめようとする。だからこそ、「勝利を目指し、打って一丸となって戦おう」といった勇ましいメッセージが発せられる。しかし最後には戦争による深い傷跡が残される。こうした戦争の諸相を、アヘン戦争や第一次・第二次世界大戦、中東戦争、朝鮮戦争、湾岸戦争、イラク戦争といった世界各地の戦争に材を取り、国家のメディアたる切手や郵便物を通して描く。

この本の目次

第1章 この土地は我々のものだ!
第2章 我々は正義のために戦う!
第3章 若者よ、祖国のために戦え
第4章 憎むべき敵の所業、嗤うべき敵の姿
第5章 世界は我々の味方だ
第6章 銃後だって戦場だ!
第7章 そして、戦いは終わった

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可