愛と勇気とお笑いと。

正しい「だけ」の議論は何も生まない。必要なのは、論敵を生かし、権威にもひるまず、みんなを楽しませる笑いである。日本人のためのエンターテイメント議論術。

つっこみ力
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体700円+税
  • Cコード:0295
  • 整理番号:645
  • 刊行日: 2007/02/05
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:224
  • ISBN:978-4-480-06347-2
  • JANコード:9784480063472
パオロ・マッツァリーノ
パオロ・マッツァリーノ

マッツァリーノ,パオロ

イタリア生まれの日本文化史研究者、戯作者。公式プロフィールにはイタリアン大学日本文化研究科卒とあるが大学自体の存在が未確認。著書に『反社会学講座』『続・反社会学講座』『誰も調べなかった日本文化史』『日本人のための怒りかた講座』(以上、ちくま文庫)、『つっこみ力』(ちくま新書)、『みんなの道徳解体新書』(ちくまプリマー新書)、『「昔はよかった」病』(新潮新書)などがある。

著者からのメッセージ

正しい本は、いい本か?[全文を読む]

この本の内容

世の中をよくしていくために、「正しい」議論をしていこう!ってそれは大いにけっこうですけど、でもその議論、実は誰も聞いてなかったりなんかしてません?ちょっと、エンターテイメント性に欠けてない?そこで本書でおすすめするのは四角四面な議論や論理が性にあわない日本人におあつらえ向きの「つっこみ力」。謎の戯作者パオロ・マッツァリーノによる本邦初の「つっこみ力」講演(公演)会、おせんにキャラメルほおばりながら、どうぞ最後までお楽しみくださいませ。

この本の目次

第1夜 つっこみ力とはなにかもしくはなぜメディアリテラシーは敗れ去るのか(愛の章―わかりにくさは罪である
笑いの章―つっこみ力の真髄
勇気の章―権威へのつっこみ)
幕間 みんなのハローワーク―職業って、なんだろう(五三歳のハローワーク
暴力団員の申告
セレブって…職業? ほか)
第2夜 データとのつきあいかた(漫才『データを出せ!』
いかがわしさとおもしろさと
データは自然に湧いてこない ほか)

読者の感想

2007.2.16 やっさん。

「愛とは、わかりやすさである」という著者の愛は、愛することを強制させられている日本人が、権力に対抗する「つっこみ力」を持つことを薦めています。
 たけし軍団的な笑いに対抗するには、どういう「笑い」を用意すればよいのか言及していないのが残念でしたが、なるほどなるほどと言うことのオンパレードでした。

 役人天国の日本人には、お薦めの一冊です。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可