世界を動かす海賊

竹田 いさみ

狙われた商船
最前線の海上自衛隊、
海上保安庁

海賊の出没ポイントは重要な航路に集中する。資源を海外に頼る日本の死活問題。海自や海保の活躍、国際連携、資源や援助……。国際犯罪の真相を多角的にえぐる。

世界を動かす海賊
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体800円+税
  • Cコード:0231
  • 整理番号:1013
  • 刊行日: 2013/05/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:224
  • ISBN:978-4-480-06718-0
  • JANコード:9784480067180
竹田 いさみ
竹田 いさみ

タケダ イサミ

1952年東京生まれ。現在、獨協大学外国語学部教授。上智大学大学院国際関係論専攻修了。シドニー大学・ロンドン大学留学。国際政治史で博士号。専攻は国際政治。著書に『世界史をつくった海賊』(ちくま新書、国際理解促進図書優秀賞)、『移民・難民・援助の政治学』(勁草書房、アジア太平洋賞特別賞受賞)、『国際テロネットワーク』(講談社現代新書)、『物語オーストラリアの歴史』(中公新書)など多数。
海賊の世界史、海洋安全保障問題の第一人者。海上保安庁政策アドバイザー、防衛省新防衛政策懇談会委員を歴任。衆議院「海賊対処・国際テロ防止特別委員会」にて参考人を務める。

この本の内容

海賊事件は遠いアフリカだけの出来事ではない。アフリカ大陸はいま資源開発で活況を呈している。資源のほとんどすべてを海外に頼る日本にとって死活問題である。海賊の出没ポイントはソマリアに限らず、重要な航路や地政学でいうチョークポイントに集中する。公海だけでなく国境をまたぐ彼らの取り締まりは一国では対処できないため、国際連携が進められている。海賊問題は、資源開発や援助、国際犯罪の取り締まりと複雑に絡み合って進行している。

この本の目次

序章 海は日本の生命線(日本のエアラインと国際シッピング
生命線としての国際シッピング ほか)
第1章 危険な海(日本にとっての“危険な海”
公船と民間商船、海上という用語 ほか)
第2章 海賊の実態とその正体(海賊の手口
海賊の装備 ほか)
第3章 国益のための海賊対策(国際社会の対応
日本の海賊対策 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可