日本人の9割が知らない英語の常識181

キャサリン・A・クラフト 著 , 里中 哲彦 翻訳

日本語を直訳して変な表現をしてしまっていたり、あまり使われない単語を多用したり、日本人の英語はまだまだ勘違いばかり。10万部超ベストセラー待望の続編!

日本人の9割が知らない英語の常識181
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体780円+税
  • Cコード:0282
  • 整理番号:1313
  • 刊行日: 2018/03/05
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:224
  • ISBN:978-4-480-07133-0
  • JANコード:9784480071330
キャサリン・A・クラフト
キャサリン・A・クラフト

クラフト,キャサリン・A

アメリカ・ミシガン州生まれ。オハイオ州で育つ。ボーリング・グリーン州立大(BGSU)卒。南山大学の交換留学生として来日。現在、オンラインマガジン『ET PEOPLE!』を発行するかたわら、通訳、翻訳家、英語講師としても活躍。著書に『先生、その英語は使いません!』(DHC)、『こまったカタカナ英語』(中公文庫)、『その英語は、ちょっと恥ずかしい!?』(王様文庫)などがある。

里中 哲彦
里中 哲彦

サトナカ テツヒコ

河合塾英語科専任講師。河合文化教育研究所研究員(「現代史研究会」主宰)。1959年生まれ。早稲田大学政治経済学部中退。著書に『英語の質問箱』『英文法の魅力』『英文法の楽園』(中公新書)『ビートルズを聴こう』(中公文庫)、『鬼平犯科帳の人生論』(文春文庫)などがある。

この本の内容

本書は、日本人の9割が知らないと思われる「英語の常識」について考察したものです。現代日本には英語があふれていますが、英語のネイティブ・スピーカーなら誰でも知っているのに、日本人にはほとんど知られていない「常識」もまた数多く存在します。知っていると役に立つ、嬉しくなる知識が満載!

この本の目次

第1章 日本語と英語の発想の違い(ここはどこですか?「ここはどこ?」の「ここ」をどう表現する?
彼のどこが好きなの?「どこ?」と「なに?」 ほか)
第2章 文法の誤解(シャツに卵がついているよ。冠詞のつかない“egg”
彼女はブロンドの髪をしている。毛髪を数える? ほか)
第3章 語法の勘違い(そこまで手がまわらなかった。“get around to A”という口語表現
家まで送ろうかと彼は言ってくれた。“offer”の使い方 ほか)
第4章 マナーの非常識(“玄関先で”どうぞ。“Please.”のその先は?
ジョンさん、ちょっとよろしいですか?ファーストネームに“Mr.”はつけない ほか)
第5章 カタカナ語の不思議(あとでラインするね。「ラインする」や「ググる」を英語で
そこはパワースポットだと言われている。“power spot”とは? ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可