大人が愉しむウイスキー入門

輿水 精一

<殿堂入り>ブレンダーが贈る、ウイスキーをより身近に、極めるための必読書! 激変するウイスキーの最新事情から美味しく呑むコツまで、今宵の一杯のお伴に。

大人が愉しむウイスキー入門
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体800円+税
  • Cコード:0277
  • 整理番号:1381
  • 刊行日: 2019/01/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:240
  • ISBN:978-4-480-07186-6
  • JANコード:9784480071866
輿水 精一
輿水 精一

コシミズ セイイチ

1949年山梨県生まれ。山梨大学工学部発酵生産学科卒業後、1973年サントリー株式会社(当時)入社。山崎蒸溜所での品質管理・貯蔵部門などを経て、1991年ブレンダー室へ。1999年チーフブレンダーに就任。世界的な酒類コンペティションInternational Spirits Challenge(ISC)で、最高賞であるトロフィーを3年連続4回受賞した『響30年』をはじめ、様々なサントリーウイスキーの開発・ブレンドに携わる。2018年現在、サントリースピリッツ(株)名誉チーフブレンダー。2004年にISCの審査員に、2015年にはWhisky Magazine社のHall of Fame(ウイスキーの殿堂)に、いずれも日本人で初めて選ばれた。著書に『ウイスキーは日本の酒である』(新潮新書)、共編著に『日本ウイスキー 世界一への道』(集英社新書)、『ジャパニーズウイスキー』(新潮社とんぼの本)などがある。

この本の内容

この十年でウイスキーを取り巻く環境は激変した。ジョッキで飲むハイボール、女性が独り酒するシングルモルト、外国人観光客で賑わう蒸留所、一瓶三千万円で落札される国産ウイスキー。本書では、いわばウイスキーの職人・サントリーの名誉チーフブレンダーである著者が、ウイスキーの魅力、特性、楽しみ方から、日本における歴史、ものづくりの現場の楽屋話まで、世界五大ウイスキーの一角を誇るようになったジャパニーズウイスキーの奥深さを余すところなく語る。ウイスキーを“より身近に”“極める”ための必読書!

この本の目次

プロローグ ウイスキー最新事情
第1章 ウイスキーはどんなお酒か
第2章 ウイスキーが出来るまで
第3章 日本人とウイスキー
第4章 ウイスキーをどう愉しむか
第5章 ブレンダー室の楽屋話
第6章 私のものづくり哲学
エピローグ 定年後の挑戦

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可