風土の日本 ─自然と文化の通態

オギュスタン・ベルク 著 , 篠田 勝英 翻訳

自然を神の高みに置く一方、無謀な自然破壊をする日本人の風土とは何か? フランス日本学の第一人者による画期的な文化・自然論。
【解説: 坂部恵 】

風土の日本 ─自然と文化の通態
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,500円+税
  • Cコード:0125
  • 整理番号:ヘ-1-1
  • 刊行日: 1992/09/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:432
  • ISBN:978-4-480-08017-2
  • JANコード:9784480080172

この本の内容

自然を神の高みに置くかと思えば、無謀な自然破壊を平気でやってのける日本人。この自己矛盾をささえている日本の風土とはいったい何だろうか?和辻哲郎『風土』をその方法において乗り越え、新たな〈自然〉概念を提唱する本書は、卓抜の哲学的思考の書物であると同時に、最高級の日本論である。

この本の目次

出発点―あいまいな場所、ある日曜日
1 基本要素の生気(気象
山水
草木)
2 風土の理(野生の自然、構築された自然)
3 現実の構築(自然の現われ出る裂け目
住まう
景化する
もうひとつの自然、もうひとつの存在)
帰還

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可