革命の時代にあって危機にさらされた君主制。その問題意識に応えて、ローマ帝国の興亡から同時代までを論じた実証主義的史学講義。
【解説: 佐藤真一 】

世界史の流れ
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体950円+税
  • Cコード:0122
  • 整理番号:ラ-3-1
  • 刊行日: 1998/12/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:304
  • ISBN:4-480-08448-7
  • JANコード:9784480084484

この本の内容

ヨーロッパに革命の嵐が吹き荒れていた1854年、バイエルンの国王マクシミリアン2世は、年来傾倒していたランケに「世界史の大きな流れ」についての連続講義を依頼する。おそらく君主制の危機に触発されてのことだったろう。あらゆる時代は神に直接するのであり、個々の時代はそれぞれ固有の価値を内にもっている。だからこそ、「進歩」の概念は否定されるべきであり、史料批判にもとづいた歴史叙述が求められるのである。古代ローマ帝国から説き起こし、同時代にまでいたる、ヨーロッパ全史を展望する壮大な歴史叙述。

この本の目次

序説(出発点と主要概念)
第1章 ローマ帝国の基礎―キリスト紀元初めの四世紀間の概観
第2章 ゲルマン人の侵入とアラビア人の侵略によるローマ帝国の変化
第3章 カロリング時代
第4章 十一世紀から十三世紀にいたる教権時代
第5章 第五期―十四、五世紀
第6章 宗教改革と宗教戦争の時代―十五世紀末から十七世紀中葉まで
第7章 列強の成立と発展の時代(十七、八世紀)
第8章 革命の時代

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可