知についての三つの対話

ポール・K・ファイヤアーベント 著 , 村上 陽一郎 翻訳

解き放たれよ!――

「anything goes」、相対主義の立場をとる著者の面目躍如! 麻痺した価値観と硬直した科学知の呪縛から読者を解き放つ、知的営みとしての対話。

知についての三つの対話
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,300円+税
  • Cコード:0140
  • 整理番号:フ-27-1
  • 刊行日: 2007/07/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:352
  • ISBN:978-4-480-09082-9
  • JANコード:9784480090829
ポール・K・ファイヤアーベント
ポール・K・ファイヤアーベント

ファイヤアーベント,ポール・K

1924−94年。ウィーン生まれ。天文学、物理学を学んだ後、カール・ポパーに師事。UCLAバークレイ校、チューリヒ工科大学などで教鞭を執る。多様な価値観の共存が科学や知の原動力であるとした。「好戦的哲学者」「知のアナキスト」と評された20世紀の最も独創的な科学哲学者の一人。著書に『方法への挑戦』『自由人のための知』『理性よ、さらば』、自伝『哲学、女、唄、そして…』など。

村上 陽一郎
村上 陽一郎

ムラカミ ヨウイチロウ

1936年、東京生まれ。現在、国際基督教大学教授、東京大学名誉教授。専門は科学史・科学哲学・科学技術社会学。『新しい科学論』『安全と安心の科学』などの著書がある。

この本の内容

プラトンは観念と生活との間の深淵は対話で架橋できると考えた。対話は一般的かつ専門技術的双方の意味で哲学的であり、われわれがしっかりした基盤と信じてきたものの虚構的な性格を論証してしまうからだ。批判的合理主義的立場に対し、「anything goes」(何でもあり!)と相対的な立場をとる著者が贈る対話という知的営み。思考の盲点や偏見に陥ることなく客観的・経験的な妥当性から導き出される知への道を示し、犀利な分析と明晰な洞察による、研ぎ澄まされた批判を展開する。

この本の目次

第1の対話(1990年) 知とは何か―プラトン『テアイテトス』を題材に
第2の対話(1976年) 科学とは何か―占星術、伝統医療をめぐって
第3の対話(1989年) 知恵とは何か―物語としての知

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可