さよなら英文法! 多読が育てる英語力

酒井 邦秀

これが答えです

「努力」も「根性」もいりません。愉しく読むうちに豊かな実りがあなたにも。人工的な「日本英語」を棄て真の英語力を身につけるためのすべてがここに!

さよなら英文法! 多読が育てる英語力
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体950円+税
  • Cコード:0182
  • 整理番号:サ-10-3
  • 刊行日: 2008/11/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:320
  • ISBN:978-4-480-09184-0
  • JANコード:9784480091840
酒井 邦秀
酒井 邦秀

サカイ クニヒデ

1945年生まれ。一橋大学社会学部博士課程中退。現在、電気通信大学准教授。英米児童文学・英語教育専攻。日本の英語教育のありかたに疑問を投げかけ、こどもからおとなまで幅広い人びとに多読指導を行なっている。著書に『どうして英語が使えない?』『快読100万語! ペーパーバックへの道』(以上、ちくま学芸文庫)、『教室で読む英語100万語』(共著、大修館書店)、『大人の英語多読入門』(監修、コスモピア)などが、訳書にE.ネズビット『よい子連盟』(国土社)などがある。

この本の内容

英語を長年勉強したのに、なぜスラスラ読み、書き、話すことができないの!?原因は学校で習う「日本英語」にありました。単語を覚え、文法で分析し、語順を工夫して和訳する、この努力が日本人の英語を貧しくしてきたのです。なぜその方法ではダメなのか、ではどうすればいいのか、実践から得た揺るぎない結論がこの本です。「多読」とはやさしい本からたくさん読むこと。辞書をひかず、わからない語はとばし、つまらなければ途中でやめるという、「努力」も「根性」もいらない方法で、驚くべき実りが得られます。おとなもこどもも大丈夫。愉しみながら英語力を育てるためのすべてが、ここにあります。

この本の目次

第1部 問題篇(彼と彼女の話―文法の一対一対応
「冠詞」:もう一度「この人だれだっけ?」―情報のつなぎ役
過去か未来か、はたまた今か?―時間表現の一対一対応
語順という呪縛―孤立が無秩序につながる ほか)
幕間キョーゲン(おもしろうて、やがて哀しき…―泣ける教科書の話)
第2部 解決篇(絵からはじまる―澄んだ水をたっぷり
物語を注ぐ、物語が溢れる―生きた実例見る前に跳べ
物語の力―どこから来て、どこへ行く?)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可