ガロア理論入門

エミール・アルティン 著 , 寺田 文行 翻訳

美しい抽象の世界へ

線形代数を巧みに利用しつつ、直截簡明な叙述でガロア理論の本質に迫る。入門書ながら大数学者の卓抜なアイディアあふれる名著。
【解説: 佐武一郎 】

ガロア理論入門
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,200円+税
  • Cコード:0141
  • 整理番号:ア-33-1
  • 刊行日: 2010/04/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:224
  • ISBN:978-4-480-09283-0
  • JANコード:9784480092830
エミール・アルティン
エミール・アルティン

アルティン,エミール

1898年、オーストリアのウィーン生まれ。ライプツィヒ大学卒業後、ハンブルク大学教授に就任。1937年に渡米し、ノートル・ダム大学、インディアナ大学、スタンフォード大学等で教鞭を執った後、1946年プリンストン大学教授。1958年に帰国し1962年没。代数的整数論をはじめ各分野で業績を上げ、死後S. ラング、J.テイト編纂による全集が刊行されている。

寺田 文行
寺田 文行

テラダ フミユキ

1927年、静岡県生まれ。東北帝国大学理学部数学科卒業。東北大学教養部助教授を経て早稲田大学理工学部教授。現在、早稲田大学名誉教授。受験参考書の『鉄則』シリーズ(旺文社)をはじめ、多数の著書がある。

この本の内容

5次方程式の解の公式は代数的に求められるのか?この問題は若き天才ガロアによって解決されたが、ガロアが捉えた「群」の概念は、方程式論に限らずその後の数学全体を一変させるインパクトを持つものであった。本書は線形代数を巧みに利用しつつ、“ガロアの理論”をより抽象的・現代的な体の拡大理論としての“ガロア理論”にまとめ上げていく。直截簡明な叙述でコンパクトにまとまっていながら、大数学者アルティンの卓抜なアイディアあふれる名著。訳者による充実の練習問題・解答付きで入門書としても最適の一冊。

この本の目次

第1章 線形代数(体
ベクトル空間
同次線形連立方程式 ほか)
第2章 体論(拡大体
多項式
代数的要素 ほか)
第3章 応用(群論からの追加
方程式の累乗根による可解性
方程式のガロア群 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可