選択本願念仏集

法然 著 , 石上 善應 翻訳

生の苦しみを超える道

全ての衆生を救わんと発願した法然は、ついに、念仏すれば必ず成仏できるという専修念仏を創造し、本書を著した。菩薩魂に貫かれた珠玉の書。

選択本願念仏集
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,400円+税
  • Cコード:0115
  • 整理番号:ホ-14-1
  • 刊行日: 2010/10/06
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:384
  • ISBN:978-4-480-09322-6
  • JANコード:9784480093226
石上 善應
石上 善應

イシガミ ゼンノウ

1929年小樽市生まれ。1956年大正大学大学院文学研究科仏教学修士課程修了。大正大学教授、韓国東國大學校碩座教授を経て、現在、大正大学名誉教授、淑徳短期大学学長、浄土宗總合研究所所長。『東の智慧 西の智慧』(筑摩書房)、『仏所行讃』(大蔵出版)、『弥勒菩薩──永遠の明日』(集英社)、『往生要集』(NHKライブラリー)、『おおらかに生きる──法然』(中央公論新社)など著書多数。

この本の内容

仏教者としてすべての人を救おうと決心した法然。彼は、「念仏すれば例外なく誰もが救われる」という教えを説き、民衆から熱烈に歓迎された。それ以前の仏教では、成仏するための条件があまりに多く、専門の修行を積んだ僧侶さえも悟りの境地に至ることが難しかったからだ。失脚した政治家・九条兼実の要請により書かれた救済の書『選択本願念仏集』では、なぜ念仏すれば救われるのか、そしてなぜ念仏でなければならないのかということが、徹底的に論じられている。人間存在の不確実性に悩み、「ほんとうの人生」を求めるすべての人々の問いに答えてきた、日本浄土仏教の精髄。

この本の目次

道綽禅師、聖道・浄土の二門を立てて、聖道を捨てて正しく浄土に帰するの文
善導和尚、正雑二行を立てて、雑行を捨てて正行に帰するの文
弥陀如来、余行を以て往生の本願となしたまわず、唯、念仏を以て往生の本願となしたまえるの文
三輩念仏往生の文
念仏利益の文
末法万年の後に、余行悉く滅し、特に念仏を留むるの文
弥陀の光明、余行の者を照らさず、唯念仏の行者を摂取するの文
念仏の行者、必ず三心を具足すべきの文
念仏の行者、四修の法を行用すべきの文
弥陀化仏の来迎、聞経の善を讃歎せず、唯念仏の行を讃歎したまうの文〔ほか〕

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可