仏像入門

石上 善應

見方が変わる、
人生が変わる。

仏像は観賞の対象ではない。仏教の真理を知らしめてくれる善知識なのである。浄土宗学僧のトップが若き日に出遇い、修行の助けとした四十四体の仏像を紹介。

仏像入門
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体900円+税
  • Cコード:0171
  • 整理番号:イ-49-1
  • 刊行日: 2013/12/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:256
  • ISBN:978-4-480-09587-9
  • JANコード:9784480095879
石上 善應
石上 善應

イシガミ ゼンノウ

1929年小樽市生まれ。1956年大正大学大学院文学研究科仏教学修士課程修了。大正大学教授、韓国東國大學校碩座教授を経て、現在、大正大学名誉教授。『仏像入門』『選択本願念仏集』(筑摩書房)、『仏所行讃』(大蔵出版)、『弥勒菩薩──永遠の明日』(集英社)、『往生要集』(NHKライブラリー)、『おおらかに生きる──法然』(中央公論新社)など著書多数。

この本の内容

仏像は観賞の対象ではなく、信仰の対象である。しかしその美しさゆえ、向き合う際には、信仰という最も基本的な部分が抜け落ちてしまいがちになる。それでは何度見ても仏像の真の姿を理解することはできない。本書では如来、菩薩、天部、明王、童子、羅漢、高僧、石仏それぞれの仏像の持つ意味をよく伝える写真を収録し、その背後にある仏教思想を平易な言葉で解説する。法隆寺・百済観音像や広隆寺・弥勒菩薩像といったよく知られる仏像の他、今はなき地蔵院・阿〓(しゅく)如来像や法然の一周忌に弟子・源智が造立したことが近年判明した阿弥陀如来像等、東西四十四体の仏像を紹介。巻末に交通案内を付す。

この本の目次

仏像の中の真実の仏(福島 願成寺)
みかえりの阿弥陀さま(京都 禅林寺)
差別なきみ仏「九体仏」(京都 浄瑠璃寺)
語りかけるみ仏(鎌倉 浄光明寺)
愚かさを気づかせてくれた仏像(横須賀 浄楽寺)
任せきれる忘却の精神(奈良 法隆寺)
悩める夢をいやすみ仏(奈良 法隆寺)
暗闇を照し続ける菩薩(奈良 薬師寺)
報恩謝徳の仏(浄土宗)
永遠を凝視する変化の仏(大阪 葛井寺)〔ほか〕

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可