公衆とその諸問題 ─現代政治の基礎

ジョン・デューイ 著 , 阿部 齊 翻訳

いまこそ、民主主義を擁護する
解説:宇野重規

大衆社会の到来とともに公共性の成立基盤は衰退した。民主主義は再建可能か? プラグマティズムの代表的思想家がこの難問を考究する。

公衆とその諸問題 ─現代政治の基礎
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,300円+税
  • Cコード:0131
  • 整理番号:テ-11-1
  • 刊行日: 2014/09/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:320
  • ISBN:978-4-480-09606-7
  • JANコード:9784480096067
ジョン・デューイ
ジョン・デューイ

デューイ,ジョン

1859─1952年。アメリカの教育学者、哲学者。プラグマティズムを代表する思想家である。バーモント大学、ジョンズ・ホプキンス大学に学ぶ。ミシガン大学、シカゴ大学、コロンビア大学の教授を歴任。ヘーゲル哲学の影響下に出発し、やがてウィリアム・ジェームズによってプラグマティズムに導かれる。その思想と実践は、多方面に巨大な影響を及ぼした。著書に『学校と社会』『民主主義と教育』『経験と教育』など多数。

阿部 齊
阿部 齊

アベ ヒトシ

1933─2004年。筑波大学教授、放送大学教授を歴任。専攻は政治哲学、現代アメリカ政治学。著書に『政治学入門』(岩波書店)、訳書に『暗い時代の人々』(ハンナ・アレント著、ちくま学芸文庫)など。

この本の内容

現代社会を生きる私たちは、はたして民主主義を担いうるのか―。産業・通信・交通が発達し、飛躍的に複雑性を増した20世紀。個人が社会の全貌を理解するのは困難になった。必要な知識にもとづき判断を行なう公衆という前提が崩れたなか、デモクラシーは可能なのか。リップマンが『世論』や『幻の公衆』で提起した問いに応答し、デューイは民主主義の可能性を探究する。人々の信念や行為、そして習慣が結びつくことで社会を実験的に変革してゆく、その民主主義像とは?プラグマティズムの代表的思想家が、デモクラシーへの不信が深刻化する今日的課題をも照射する。

この本の目次

第1章 公衆を求めて
第2章 国家の発見
第3章 民主主義的国家
第4章 公衆の没落
第5章 大共同社会の探究
第6章 方法の問題

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可