引き裂かれた自己 ─狂気の現象学

R.D.レイン 著 , 天野 衛 翻訳

統合失調症とは、苛酷な現実から自己を守ろうとする決死の努力である。患者の世界に寄り添い、反精神医学の旗手となったレインの主著、改訳版。

引き裂かれた自己 ─狂気の現象学
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,300円+税
  • Cコード:0110
  • 整理番号:レ-7-1
  • 刊行日: 2017/01/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:368
  • ISBN:978-4-480-09769-9
  • JANコード:9784480097699
R.D.レイン
R.D.レイン

レイン

1927─89年。イギリスの精神科医・精神分析家。グラスゴー大学医学部卒業。軍医等を経て、ロンドンのタヴィストック・クリニックに勤務。ウィニコットに精神分析を受け、精神分析家としての活動も開始する。伝統的な精神医学を批判し、クーパーらとともに、反精神医学運動を提唱、1965年には、その理念に則ったキングズリー・ホールを開設し、独自の精神療法を実践した。主な著書に『結ぼれ』『好き? 好き? 大好き?』『自己と他者』などがある。

天野 衛
天野 衛

アマノ マモル

1940年生まれ。東京大学大学院哲学科中退。訳書に、ゴンブリッチ『美術の物語』(共訳)、ニーチェ『悲劇の誕生』がある。

この本の内容

世界から隔絶されているように感じられ、絶望的な孤独のなかで自分自身が分断されていく―統合失調症とはそうした病である。しかし、患者の世界に徹底的に寄り添い、彼らの声に真摯に耳を傾けていくなかでみえてくるのは、苛烈な現実に身を置かざるをえなかったひとりの人間が、それでもなんとか生きようと苦闘する、その姿である。従来の精神医療のあり方に疑問を抱き、反精神医学運動の旗手となった異才の精神科医R.D.レイン。その主著にして、ドゥルーズ=ガタリらの現代思想や、今日のサブカルチャーにも多大な影響を与えつづける古典的名著。

この本の目次

1(人間科学の実存主義的‐現象学的基礎
精神病の理解のための実存主義的‐現象学的基礎
存在論的不安定)
2(肉化された自己と肉化されざる自己
統合失調気質における内的自己
偽自己‐体系
自意識
ピーターの場合)
3(精神病への進展
統合失調症における自己および偽りの自己
廃園の亡霊・慢性統合失調症の研究)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可