冠・婚・葬・祭

中島 京子

新・直木賞作家の代表作

人生の節目に、起こったこと、出会ったひと、考えたこと。冠婚葬祭を切り口に、鮮やかな人生模様が描かれる。第143回直木賞作家の代表作。

冠・婚・葬・祭
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体580円+税
  • Cコード:0193
  • 整理番号:な-40-1
  • 刊行日: 2010/09/08
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:256
  • ISBN:978-4-480-42771-7
  • JANコード:9784480427717
中島 京子
中島 京子

ナカジマ キョウコ

1964年東京都生まれ。出版社勤務、アメリカ留学、フリーライターを経て、2003年、田山花袋『蒲団』を下敷きにした小説『FUTON』でデビュー。高い評価を受け、野間文芸新人賞候補になる。以後、『イトウの恋』『均ちゃんの失踪』『冠・婚・葬・祭』で吉川英治文学新人賞の候補となるなど、活躍。他の著書に『ツアー1989』『桐畑家の縁談』『平成大家族』『女中譚』など。エッセイ集に『ココ・マッカリーナの机』がある。2010年『小さいおうち』で第143回直木賞を受賞。

この本の内容

成人式、結婚、葬式、お盆。日本人なら誰もが経験する儀式だが、思いがけないことが起きるのも、こういうとき。新人記者が成人式の取材に行く「冠」、引退したお見合いおばさんの縁結びの顛末を描く「婚」、社命で参列のお供をしたおばあちゃんの人生がほの見える「葬」、姉妹が両親を失った田舎の家に集まる「祭」。さまざまな人生や人間模様が、鮮やかに描かれる連作小説。新・直木賞作家の代表作、待望の文庫化。

読者の感想

2010.10.18 co

おもしろかったです、すごく。

日本の風習、お見合いだとか社葬だとか成人式だとか、お盆だとか今はもうあんまり仰々しくやることはないけど
なんとなくしなくちゃいけないような気がしてしてしまうことの中で
なにか、本当に小さな真実に出会ってしまう短編集。

素敵なのは、
どの話にも日本らしい空気があって、けれどもちっとも古くない。

水のあるところに神様がいる、というのを何かできいたけれど、
偶然や一期一会はたぶん、何かの温かな意志があったのだと
思ってしまいたくなる。

日本ほど呼吸する空気のひとつぶひとつぶに日本が
とけている国はないのだということを思い出す話。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可