丸元淑生のシステム料理学

丸元 淑生

毎日の食事を充実させ、
病気を遠ざける料理のバイブル

料理はシステムであり、それを確立すれば安く、おいしく、栄養豊富な食事が家庭でできる。「男の料理」ブームを巻き起こした名著復活。
【解説: 丸元喜恵 】

丸元淑生のシステム料理学
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体780円+税
  • Cコード:0177
  • 整理番号:ま-46-1
  • 刊行日: 2013/08/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:320
  • ISBN:978-4-480-43084-7
  • JANコード:9784480430847
丸元 淑生
丸元 淑生

マルモト ヨシオ

(1934-2008)作家・料理研究家。大分県生れ。東京大学仏文科卒。1978年「秋月へ」で芥川賞候補、1980年には二度目の芥川賞候補。1982年に『丸元淑生のシステム料理学』で自身の健康のために、栄養によく廉価な料理の方法について書き、以後もっぱら栄養の点から見た料理の研究家として活躍した。『短命の食事 長命の食事』(ワニブックスPLUS新書)、『システム自炊法』(中公文庫)、『たたかわないダイエット』(講談社プラスアルファ文庫)等著書多数。

この本の内容

現代栄養学を独学していた著者は、「料理はシステムであり、それを確立すれば安く、おいしく、栄養豊富な食事が家庭でできる」と、自分で毎日の食事を作りだした。だしの重要性、野菜の正しい加熱法、スープストックの作り方、肉はステーキで食べるなど、自らの体験と知識をすべて公開した名著。

この本の目次

まえがき 男女厨房に立つ
第1章 丸腰で立ち向うな
第2章 卵、牛乳、あさり、レバー―四つの完全食品で防衛せよ
第3章 よい朝食がよい夕食につながる理由
第4章 美味しい味噌汁のつくり方と魚を家庭にとりこむシステム
第5章 根・茎・葉・実をすべて食べる
第6章 野菜の正しい加熱法
第7章 スープの味を一変させるストック
第8章 肉はステーキで食べよ
解説 『丸元淑生のシステム料理学』のその後(丸元喜恵)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可