リテラリーゴシック・イン・ジャパン ─文学的ゴシック作品選

高原 英理 編集

残酷で崇高。野蛮で哀切。
今見いだされる
不穏の文学。

世界の残酷さと人間の暗黒面を不穏に、鮮烈に表現する「文学的ゴシック」。古典的傑作から現在第一線で活躍する作家まで、多彩な顔触れで案内する。

リテラリーゴシック・イン・ジャパン ─文学的ゴシック作品選
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体1,600円+税
  • Cコード:0193
  • 整理番号:た-72-1
  • 刊行日: 2014/01/08
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:688
  • ISBN:978-4-480-43120-2
  • JANコード:9784480431202
高原 英理
高原 英理

タカハラ エイリ

1959年生まれ。立教大学文学部日本文学科卒業、東京工業大学大学院社会理工学研究科博士課程修了。著書に『少女領域』(国書刊行会)、『月光果樹園』(平凡社)、『神野悪五郎只今退散仕る』『抒情的恐怖群』(毎日新聞社)、編著に『リテラリーゴシック・イン・ジャパン』(ちくま文庫)などがある。

この本の内容

世界の本質的な残酷さ。いやおうなく人間の暗黒面へと向かう言葉。鮮烈なレトリックによって描かれる不穏な名作の数々を「文学的ゴシック」の名のもとに集める。白秋、鏡花から乱歩、三島、澁澤を経て現在第一線で活躍する作家までを招き、新たなジャンルの創成を宣言する一冊。

この本の目次

1 黎明(夜(北原白秋)
絵本の春(泉鏡花)
毒もみのすきな署長さん(宮沢賢治))
2 戦前ミステリの達成(残虐への郷愁(江戸川乱歩)
かいやぐら物語(横溝正史)
失楽園殺人事件(小栗虫太郎))
3 「血と薔薇」の時代(月澹荘綺譚(三島由紀夫)
醜魔たち(倉橋由美子)
僧帽筋(塚本邦雄)
第九の欠落を含む十の詩篇(高橋睦郎)
僧侶(吉岡実)
薔薇の縛め(中井英夫)
幼児殺戮者(澁澤龍彦))
4 幻想文学の領土から(就眠儀式Einschlaf‐Zauber(須永朝彦)
兎(金井美恵子)
葛原妙子三十三首
高柳重信十一句
大広間(吉田知子)
紫色の丘(竹内健)
花曝れ首(赤江瀑)
藤原月彦三十三句
傳説(山尾悠子)
眉雨(古井由吉)
春の滅び(皆川博子)
人攫いの午後 ヴィスコンティの男たち(久世光彦)
5 文学的ゴシックの現在(暗黒系Goth(乙一)
セカイ、蛮族、ぼく。(伊藤計劃)
ジャングリン・パパの愛撫の手(桜庭一樹)
逃げよう(京極夏彦)
老婆J(小川洋子)
ステーシー異聞 再殺部隊隊長の回想(大槻ケンヂ)
老年(倉阪鬼一郎)
ミンク(金原ひとみ)
デーモン日暮(木下古栗)
今日の心霊(藤野可織)
人魚

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可