増補 夢の遠近法 ─初期作品選

山尾 悠子

誰かが私に行ったのだ
世界は言葉でできていると

「誰かが私に言ったのだ/世界は言葉でできていると」。誰も夢見たことのない世界が、ここではじめて言葉になった。新たに二篇を加えた増補決定版。

増補 夢の遠近法 ─初期作品選
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体900円+税
  • Cコード:0193
  • 整理番号:や-43-2
  • 刊行日: 2014/11/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:432
  • ISBN:978-4-480-43222-3
  • JANコード:9784480432223
山尾 悠子
山尾 悠子

ヤマオ ユウコ

1955年、岡山市生まれ。同志社大学文学部国文学科卒業。75年、「仮面舞踏会」(「SFマガジン」早川書房)でデビュー。2018年、『飛ぶ孔雀』で泉鏡花文学賞を受賞。『山尾悠子作品集成』、『ラピスラズリ』、『増補 夢の遠近法』などの著書がある。

この本の内容

「誰かが私に言ったのだ/世界は言葉でできていると」―未完に終わった“かれ”の草稿の舞台となるのは、基底と頂上が存在しない円筒形の塔の内部である“腸詰宇宙”。偽の天体が運行する異様な世界の成立と崩壊を描く「遠近法」ほか、初期主要作品を著者自身が精選。「パラス・アテネ」「遠近法・補遺」を加え、創作の秘密がかいま見える「自作解説」を付した増補決定版。

この本の目次

夢の棲む街
月蝕
ムーンゲイト
遠近法
パラス・アテネ
童話・支那風小夜曲集
透明族に関するエスキス
私はその男にハンザ街で出会った
傳説
遠近法・補遺
月齢
眠れる美女
天使論

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可