死の舞踏 ─恐怖についての10章

スティーヴン・キング 著 , 安野 玲 翻訳

古今東西のホラー作品を圧倒的な熱量で語り尽くす〈恐怖のバイブル〉。35ページに及ぶ「2010年版へのまえがき」(未訳)を付して待望の復刊。

死の舞踏 ─恐怖についての10章
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体1,500円+税
  • Cコード:0198
  • 整理番号:き-39-1
  • 刊行日: 2017/09/06
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:768
  • ISBN:978-4-480-43332-9
  • JANコード:9784480433329

この本の内容

40年以上にわたってモダン・ホラー界に君臨するスティーヴン・キングのノンフィクション大作、待望の復刊!帝王キングが『フランケンシュタイン』から『エイリアン』まで、あらゆるメディアのホラー作品を縦横無尽に渡り歩き、同時代アメリカへの鋭い批評や自分史も交えながら饒舌に語りつくす。エッセイ「恐怖とは―2010年版へのまえがき」を増補した決定版。

この本の目次

第1章 一九五七年一〇月四日、あるいは舞踏への勧誘
第2章 “フック”の話
第3章 タロットの話
第4章 迷惑な自伝で一休み
第5章 リアリティの演出とラジオ
第6章 現代アメリカのホラー映画―テキストとサブテキスト
第7章 ジャンクフードとしてのホラー映画
第8章 ガラスの乳首、または、このモンスターはゲインズバーガーの提供でお送りしました
第9章 ホラー小説
第10章 ラスト・ワルツ―ホラーと道徳、ホラーと魔法

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可