マウンティング女子の世界 ─女は笑顔で殴りあう

瀧波 ユカリ 著 , 犬山 紙子

「私の方が上ですけど?」ついついやってしまって結局後悔するマウンティング。愉悦と疲弊が交錯するこの営みを対談形式で徹底分析!解説 小島慶子

マウンティング女子の世界 ─女は笑顔で殴りあう
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体700円+税
  • Cコード:0195
  • 整理番号:た-82-1
  • 刊行日: 2017/02/08
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:320
  • ISBN:978-4-480-43431-9
  • JANコード:9784480434319
瀧波 ユカリ
瀧波 ユカリ

タキナミ ユカリ

1980年北海道生まれ。漫画家。日本大学藝術学部卒。2004年「臨死!!江古田ちゃん」でアフタヌーン四季賞大賞を受賞しデビュー。著書に漫画『臨死!!江古田ちゃん』(講談社)、エッセイ『はるまき日記』(文藝春秋)などがある

犬山 紙子
犬山 紙子

イヌヤマ カミコ

1981年生まれ。エッセイスト。イラストエッセイ『負け美女』(マガジンハウス)で作家デビュー、女性観察の名手として注目を浴びる。TBS『内村とザワつく夜』にレギュラー出演するなど、テレビでも活躍中。

この本の内容

「私の方が立場が上!」と態度や言葉で示すマウンティング女子。肉食女子vs草食女子、既婚女子vs独身女子、都会暮らし女子vs田舎暮らし女子…。思わずやってしまう、そしてちょっとスッキリしてしまう、でも後から思い返すと後悔ばかり。勝ち負けではないとわかっていても、自分の方が上だと思いたい。そんな「女の戦い」の実態に、赤裸々な本音で鋭く迫る!

この本の目次

第1章 マウンティストは笑顔で殴る(女子会が楽しくない!?
武装メイクは戦闘開始の合図 ほか)
第2章 こんなにいる!○○型マウンティスト(親友型
カウンセラー型 ほか)
第3章 恐怖!マウンティングのなれの果て(ダークサイドに落ちる罪悪感
マウンティングは麻薬? ほか)
第4章 マウンティングの「攻め」と「受け」―その関係と傾向(同スペック女子
肉食女子×草食女子 ほか)
第5章 マウンティングの回避法(ノーガードの証「腹見せ」
こんなにあった腹見せの弊害 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可