猫の文学館1 ─世界は今、猫のものになる

和田 博文 編集

猫たちがいきいきと描かれている短編やエッセイを一冊に。内田百(けん)が、幸田文が、大佛次郎が、川端康成が、向田邦子が魅せられた猫大集合!

猫の文学館1 ─世界は今、猫のものになる
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体840円+税
  • Cコード:0193
  • 整理番号:わ-13-1
  • 刊行日: 2017/06/06
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:400
  • ISBN:978-4-480-43446-3
  • JANコード:9784480434463
和田 博文
和田 博文

ワダ ヒロフミ

一九五四年横浜市生まれ。神戸大学大学院文化学研究科博士課程中退。ロンドン大学SOAS客員研究員などを経て、東洋大学文学部教授。著書に『資生堂という文化装置 1872─1945』(岩波書店)、『飛行の夢 1783─1945』(藤原書店)など。共著に『言語都市・ロンドン 1861─1945』『言語都市・ベルリン 1861─1945』『言語都市・パリ 1862─1945』『言語都市・上海 1840─1945』(以上、藤原書店)など。監修に『コレクション・モダン都市文化』全一〇〇巻、『コレクション・都市モダニズム詩誌』全三〇巻(以上刊行中、ゆまに書房)、『ライブラリー・日本人のフランス体験』全二一巻(柏書房)など。『現代詩大事典』(三省堂)の編集委員でもある。

この本の内容

大佛次郎、寺田寅彦、太宰治、鴨居羊子、向田邦子、村上春樹…いつの時代も、日本の作家たちはみんな猫が大好きだった。そして、猫から大いにインスピレーションを得ていた。歌舞伎座に住みついた猫、風呂敷に包まれて川に流される猫、陽だまりの中で背中を丸めて眠りこんでいる猫、飼い主の足もとに顔をすりつける猫、昨日も今日もノラちゃんとデートに余念のない猫などなど、ページを開くとそこはさまざまな猫たちの大行進。猫のきまぐれにいつも振り回されている、猫好きにささげる47編!!

この本の目次

1 のら猫・外猫・飼い猫
2 仔猫がふえる!
3 猫も夢を見る
4 猫には何軒の家がある?
5 そんなにねずみが食べたいか
6 パリの猫、アテネの猫
編者エッセイ 猫が宿る日本語

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可