猫の文学館2 ─この世界の境界を越える猫

和田 博文 編集

突然、ふいと姿をくらましてしまう猫達。この世とあの世を行き来する猫の物語やエッセイをぎゅっと一冊に。猫好きに放つ猫好きによるアンソロジー。

猫の文学館2 ─この世界の境界を越える猫
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体840円+税
  • Cコード:0193
  • 整理番号:わ-13-2
  • 刊行日: 2017/06/06
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:384
  • ISBN:978-4-480-43447-0
  • JANコード:9784480434470
和田 博文
和田 博文

ワダ ヒロフミ

一九五四年横浜市生まれ。神戸大学大学院文化学研究科博士課程中退。ロンドン大学SOAS客員研究員などを経て、東洋大学文学部教授。著書に『資生堂という文化装置 1872─1945』(岩波書店)、『飛行の夢 1783─1945』(藤原書店)など。共著に『言語都市・ロンドン 1861─1945』『言語都市・ベルリン 1861─1945』『言語都市・パリ 1862─1945』『言語都市・上海 1840─1945』(以上、藤原書店)など。監修に『コレクション・モダン都市文化』全一〇〇巻、『コレクション・都市モダニズム詩誌』全三〇巻(以上刊行中、ゆまに書房)、『ライブラリー・日本人のフランス体験』全二一巻(柏書房)など。『現代詩大事典』(三省堂)の編集委員でもある。

この本の内容

「チビや死ぬ時はこっそりと死んでおくれよ…」。佐藤春夫は、愛猫の死に際にこうつぶやいた。愛猫ノラが昨晩帰ってこなかったと知った瞬間に号泣した内田百〓(けん)も、転居を機に痩せてきた猫の最期を見守る夏目漱石も、猫を轢いてしまった男が追いつめられてゆく様を描いた吉行淳之介も、星新一も、武田花も、何の前ぶれもなくあちら側に行ってしまった猫に、涙し、おびえ、悼み、そして書いた。日本の小説、詩、エッセイからえりすぐった、猫好きによる、猫好きのためのアンソロジー。思わずぞくっとして、ひっそり涙したくなる35編。

この本の目次

1 死んだ猫のゆくえ
2 ペット・ロス症候群
3 猫の精霊ばかりが住む町
4 化け猫と不思議な話
5 猫の一族
編者エッセイ 日常と異界の往還

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可