宇宙がよろこぶ生命論

長沼 毅

「生命とは何か?」
その答えは宇宙にあった!

「宇宙生命よ、応答せよ」数億光年のスケールから粒子レベルの微細な世界まで、とことん「生命」を追いかける知的な宇宙旅行に案内しよう。宇宙論と生命論の幸福な融合。

宇宙がよろこぶ生命論
  • シリーズ:ちくまプリマー新書
  • 定価:本体780円+税
  • Cコード:0240
  • 整理番号:112
  • 刊行日: 2009/07/06
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:192
  • ISBN:978-4-480-68814-9
  • JANコード:9784480688149
長沼 毅
長沼 毅

ナガヌマ タケシ

1961年、人類初の宇宙飛行の日に生まれる。生物学者。筑波大学第二学群生物学類卒業、同大学院博士課程修了、理学博士。海洋科学技術センター(現・独立行政法人海洋研究開発機構)研究員時には、「しんかい2000」「しんかい6500」に乗船し水深数千メートルの海底を調査する。米国カリフォルニア大学サンタバーバラ校客員研究員を経て、94年より広島大学大学院生物圏科学研究科助教授、現在准教授。専門は生物海洋学・微生物生態学。砂漠、南極、火山、地底など、極限環境に生きる生物を探して地球中を駆け巡る。著書に『深海生物学への招待』『生命の星・エウロパ』(以上NHKブックス)、『深層水「湧昇」、海を耕す!』(集英社新書)、『深海生物大図鑑』(PHP研究所)ほか。

この本の内容

宇宙生命よ、応答せよ。数億光年のスケールから粒子レベルの微細な世界まで、とことん「生命」を追いかける知的な宇宙旅行に案内しよう。「宇宙の中の自分」を体感できる、宇宙論と生命論の幸福な融合。

この本の目次

第1章 生命のうつわ、ウチュウ―宇宙論入門の入門
第2章 水、この奇妙なるもの―生命にとって唯一無二の物質
第3章 生命を駆動する化学エネルギー―量子構造を理解する
第4章 電磁気力と生命―わが太陽から放射される色と光の恵み
第5章 生命の偶然と必然―生命と非生命のあいだ
第6章 可能性と実在性―「星が輝く宇宙」に満ちるもの

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可