キオスクのキリオ

東 直子

人生のコツは
深刻になりすぎへんこと
webちくまの人気連載を単行本化

キオスクで働くキリオ。彼の元には、なぜかさまざまな人が訪れ、彼に無理難題をもちかける。彼は言う。人生のコツは深刻になりすぎんことや。不思議な短篇連作。

キオスクのキリオ
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体1,600円+税
  • Cコード:0093
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2012/10/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:224
  • ISBN:978-4-480-80443-3
  • JANコード:9784480804433
東 直子
東 直子

ヒガシ ナオコ

1963年広島生まれ。歌人、小説家。絵本や童話、イラストレーションも手がける。「草かんむりの訪問者」で第7回歌壇賞、『いとの森の家』で第31回坪田譲治文学賞を受賞。歌集に『十階』、小説に『水銀灯が消えるまで』『とりつくしま』『さようなら窓』『薬屋のタバサ』『晴れ女の耳』、エッセイ集に『短歌の不思議』など。穂村弘との共著に『回転ドアは、順番に』がある。

著者に関する情報

ホームページ「直久」はこちら

この本の内容

人生のコツは深刻になりすぎへんこと。ノーと言えないおっちゃん、キリオ。彼のもとには次々と、なにかを胸に抱えた人たちがやってくる。なんだかおかしい、なんとも不思議な連作短篇集。

この本の目次

迷いへび
調合人
夕暮れ団子
トラの穴
シャボン
アジサイコーラ
ミルキー
行方不明見届人
空の中
時の煮汁

読者の感想

2012.11.24 市岡和恵

「キオスクのキリオ」楽しく読ませていただきました。強引なお客さんたちと、おどろきながらも受け止めるキリオの掛け合いがなんとも味わい深かったです。「行方不明見届人」でのキリオがモデルとなる場面はかわいらしく、「ミルキー」と「空の中」は、少しさびしくて、じわじわと心に沁みてきました。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可