優しい去勢のために

松浦 理英子

『親指Pの修業時代』で世間の耳目を集めた著者が、雌伏していた十年間に書き溜めたエッセイの集大成。時代に先駆けた主張が見事に浮かびあがる。挑発のテキスト。

優しい去勢のために
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体1,650円+税
  • Cコード:0095
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1994/09/22
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:288
  • ISBN:4-480-81348-9
  • JANコード:9784480813480

この本の目次

1 時代(アフリカ救援活動について感じた二、三の事柄
あなたは女子プロレスを観たか ほか)
2 印象(反逆児たちの和解
男が女に変わる時 ほか)
3 文学(「沈黙」に至る旅―『暗い旅』
口承文学としての『紫のふるえ』―『紫のふるえ』 ほか)
4 優しい去勢のために(去勢への旅立ち、新たなるタイム・トリップ
欲望の処方箋 ほか)
5 性愛(性と生の彼方―両性具有とプラトニック・ラヴ
マゾヒストの悪意 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可