山谷 ヤマの男

多田 裕美子

日雇労働者の街として知られた東京山谷。ここで百人を超える男たちの肖像を撮影した女性カメラマン。エピソードと写真を収録する。

山谷 ヤマの男
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体1,900円+税
  • Cコード:0095
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2016/08/25
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:224
  • ISBN:978-4-480-81531-6
  • JANコード:9784480815316

この本の内容

本書は写真家多田裕美子が、東京山谷の玉姫公園で開いた青空写真館で出会った男たち、両親が営んだ山谷の食堂に集まった人々を記録したフォト&エッセイ集である。

この本の目次

泪橋の交差点にあった丸善食堂
投げつけられたコップと一枚の写真
玉姫公園ではじまった屋根のない写真館
用心棒とマネージャー
朴訥男の報告
丸善のシャッターと映画
母とカメラ
山谷ブルースを生きる男
チャンピオンとにせもの
津軽の三味線弾き〔ほか〕

読者の感想

2016.9.03 gyro_hiro

一読、涙が出た。甘いと言わば言え。ロマンに過ぎるとの批判もあるだろう、だがな…読め!人はやはり信じられるものなんだぜい!

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可