センス入門

松浦 弥太郎

「センスのよさ」は
生きていくための切り札です

頑張っているのにうまくいかない、そんなときに欠けているのは、おそらく「センスのよさ」。明日からを素敵に生きるため、今日できることは何かを教えます。

センス入門
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体1,300円+税
  • Cコード:0095
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2013/02/25
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:160
  • ISBN:978-4-480-81672-6
  • JANコード:9784480816726
松浦 弥太郎
松浦 弥太郎

マツウラ ヤタロウ

1965年、東京都生まれ。「暮しの手帖」編集長をへて、現在、クックパッドにて新メディアプロジェクトに携わる。中目黒のセレクトブックストアCOW BOOKS代表。暮らしや仕事における、豊かさや学びについての執筆、雑誌連載、講演、ラジオパーソナリティーで活躍。『センス入門』『ほんとうの味方のつくりかた』『さよならは小さい声で』『もし僕がいま25歳なら、こんな50のやりたいことがある。』『おいしいおにぎりが作れるならば。』など著書多数。

この本の内容

「センスのよさ」は生きていくための切り札です。「暮しの手帖」編集長・松浦弥太郎が教える新しいあなたの作り方。

この本の目次

1 センスのいい人とは、どんな人ですか?(センスがよいとは何でしょう
あなたはすなおな目で物事を見ていますか?
自分のことばは何よりも伝わる ほか)
2 センスを磨くアイデア(「センスがよい」を日本語で考える
ことばにする人とよく考える人
なんでも知っている人よりも、なんでも考える人になったほうがいい ほか)
3 センスのお手本(「センスがよい」という古くて新しい基準
重要文化財を訪ねよう
僕がとくに好きな場所 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可