まるでダメ男じゃん! ─「トホホ男子」で読む、百年ちょっとの名作23選

豊崎 由美

不朽の名作に
こんな楽しみ方があったとは!
「webちくま」人気連載を単行本化!

『カラマーゾフの兄弟』『坊っちゃん』など広く世に知られる東西の文学作品、実はそこは「ダメ男」の宝庫だった。そのダメぶりを軽妙な筆致で描く、比類なき文学ガイド!

まるでダメ男じゃん! ─「トホホ男子」で読む、百年ちょっとの名作23選
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体1,600円+税
  • Cコード:0090
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2014/03/24
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:256
  • ISBN:978-4-480-82376-2
  • JANコード:9784480823762
豊崎 由美
豊崎 由美

トヨザキ ユミ

1961年愛知県生まれ。ライター、書評家。文芸のみならず、演劇、競馬、スポーツ、テレビドラマなどエンターテインメント全般に関心を示し、執筆活動範囲は極めて広い。著書に『そんなに読んで、どうするの?』、『どれだけ読めば、気がすむの?』『正直書評。』など。大森望氏との共著『文学賞メッタ斬り!』シリーズがある。

この本の内容

『坊っちゃん』『カラマーゾフの兄弟』『シャイニング』etc.etc.ジコチュー型から尻軽タイプまで、数々の傑作小説に登場する「ダメ男」たち。不朽の名作に、こんな楽しみ方があったとは!

この本の目次

ないない尽くしのダメ男―フローベール『ボヴァリー夫人』
橋田壽賀子ドラマもまっ青なダメ男見本市―ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』
ガリ勉型世間知レベル0のダメ男―森鴎外『舞姫』
今回のまるでダメ男は意外なあの人―ジュール・ルナール『にんじん』
ライトモチーフ(繰り返し)型のダメ男―トーマス・マン『トニオ・クレーゲル』
子供っぽいジコチュー型のダメ男―夏目漱石『坊っちゃん』
自分の気持ちに正直すぎるダメ男―岩野泡鳴『毒薬を飲む女』
偽善的なダメ男―島崎藤村『新生』
気がつかない星人型のダメ男―近松秋江『黒髪』『狂乱』『霜凍る宵』
夢みる夢男でダメ男―フィッツジェラルド『グレート・ギャッツビー』〔ほか〕

読者の感想

2014.7.03 友田律子

非常におもしろかったです。紹介されている本全部(既読も含めて)読みたくなりました。きっと読みます。
そしてぜひ、まるでダメ女じゃん!を出して欲しいです。


(追伸)あとがきの豊崎さんの生活ぶりも面白くて、とりあえず頭からおしりまで読み切る間、おなか抱えて転げ回りました。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可