犬に堕ちても

ヘレ・ヘレ 著 , 渡辺 洋美 翻訳

泣くのにちょうどいい
場所を探している

ある日突然、日常から逃げ出して海辺の田舎町に辿りついた女性作家は、一組の親切な若いカップルと出会い共同生活を始める。デンマークを代表する女性作家の本邦初訳。

犬に堕ちても
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体2,300円+税
  • Cコード:0097
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2014/03/06
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:224
  • ISBN:978-4-480-83208-5
  • JANコード:9784480832085
ヘレ・ヘレ
ヘレ・ヘレ

ヘレ,ヘレ

1965年デンマーク南部ロラン島生まれ。本名ヘレ・オルセン。コペンハーゲン大学卒業後、国営ラジオで働くかたわら小説を発表。1990年代、ペンネームを「ヘレ・ヘレ」に改めてからの一連の作品で、ミニマリスト的リアリズムの旗手と目される。05年の“Rodby-Puttgarten” 、08年の 『犬に堕ちても』で高い評価を得て、P.O.エンクウィスト賞を受賞。11年の“Dette burde skrives i nutid” で由緒ある〈黄金月桂冠〉文学賞を受賞。

渡辺 洋美
渡辺 洋美

ワタナベ ヒロミ

大阪外国語大学中退、アイスランド大学卒業(bacc.phil.isl. 1973)。〈カーレン・ブリクセン・シンポジウム〉(1997年、於デンマーク)で日本語訳者の代表として出席、講演。主な訳書に『ギスリのサガ』、ハルドール・ラクスネス『極北の秘教』、ロレンス・ダレル『予兆の島』、ブリクセン『アフリカ農場――アウト・オブ・アフリカ』『冬物語』『運命綺譚』など。

この本の内容

42歳、女は日常から逃げ出すように旅に出た。スーツケースだけを持って。辿りついたのは海辺の田舎町。北欧デンマークの日常、屈託のない人々のやさしさの中で、孤独な女の心は次第に紐解かれていく。P.O.エンクウィスト賞、“黄金月桂冠”文学賞を受賞したデンマーク女性作家、初の邦訳。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可