闊歩するゲーテ

柴田 翔

ゲーテが見た世界の果てしなさ
謎の深さと美しさ―
敗戦世代の文学者が描く
ゲーテの肖像

暗く沈黙するゲーテと明るく宇宙を闊歩するゲーテ──その視線の届く時空の広大さを追い究めてきた文学者が描いた、複雑で魅惑的な多面体ゲーテの肖像。

闊歩するゲーテ
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体2,800円+税
  • Cコード:0098
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2009/07/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:240
  • ISBN:978-4-480-83810-0
  • JANコード:9784480838100
柴田 翔
柴田 翔

シバタ ショウ

1935年生まれ。作家、ドイツ文学研究者。東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了。1964年に『されどわれらが日々――』で第51回芥川賞を受賞。以後も作家活動の傍ら、東京都立大学、東京大学文学部でゲーテを中心にドイツ文学を教える。1995年から10年間、共立女子大学文芸学部教授として、演習「詩を読む」などの授業を担当した。著書に『贈る言葉』、『突然にシーリアス』、『記憶の街角 遇った人々』(筑摩書房)、『詩に映るゲーテの生涯』(丸善ライブラリー)、『詩への道しるべ』(ちくまプリマー新書)、訳書に『ファウスト』(講談社文芸文庫)などがある。

この本の内容

ゲーテが見た世界の果てしなさ、謎の深さと美しさ―敗戦世代の文学者が描くゲーテの肖像。暗く沈黙するゲーテと生を享受しようと宇宙を快活に歩むゲーテ―複雑で魅惑的なゲーテの時代と生涯を、歴史と自然史の視点から多面体として描き上げる。文学を読むことを根源から問うゲーテ論。

この本の目次

第1章 無限宇宙へ伸びる視線―ゲーテとは誰だったのか(『親和力』
幻想・時間・危機
“希望”の囁きと死の影
宇宙空間への脱出)
第2章 ゲーテ読解の視座の変遷―私的研究小史
第3章 文学研究方法私的序説あるいは山の登り方についておよび実例の試み(文学研究方法私的序説
実例 詩を読む試み)
補章 ゲーテ―その時代、生涯、作品

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可