出雲の神々 ─神話と氏族   

縁結びの神として広く人々の尊崇をあつめている出雲の神は、本来はどんな神だったのか。歴史学、考古学、民俗学、宗教学など広い視野から古代と現代を結ぶ。

出雲の神々 ─神話と氏族   
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体2,000円+税
  • Cコード:0014
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1987/10/19
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:216
  • ISBN:4-480-85403-7
  • JANコード:9784480854032

この本の内容

縁結びの神として広く人々の尊崇をあつめている出雲の神は、本来はどんな神だったのか。歴史学・考古学・宗教学など広い視野から古代と現代を結ぶ。神々の原像をさぐる。

この本の目次

神々の原像(上田正昭)
出雲の祭祀遺跡(宮沢明久)
意宇と杵築(八木充)
出雲の神話(松前健)
『出雲国風土記』の神々(瀧音能之)
出雲の神事(瀧音能之)
出雲大社の建築(川上貢)
出雲大社教と出雲教―近代の出雲信仰(村上重良)

読者の感想

2017.8.15 八木

素晴らしい内容でした。
古代に興味があって色々読んでいたのですが、結局出雲がどんな国だったのか、国譲りがどのように行われたのか、全ての疑問にほぼ完璧に答えています。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可