青野 由利
アオノ ユリ

科学ジャーナリスト、毎日新聞社論説室専門編集委員(2022年3月退任予定)。東京大学薬学部卒。毎日新聞では科学分野を担当。フルブライト客員研究員(マサチューセッツ工科大学・ナイト・サイエンス・ジャーナリズム・フェロー)、東京大学大学院総合文化研究科修士課程修了、ロイター・フェロー(オックスフォード大学)。『ゲノム編集の光と闇』(ちくま新書)にて2019年講談社科学出版賞、『インフルエンザは征圧できるのか』(新潮社)では2010年科学ジャーナリスト賞を受賞した。ほかに『宇宙はこう考えられている』『ニュートリノって何?』『生命科学の冒険』(ちくまプリマー新書)等多数。

検索結果

前のページへ戻る
4件1~4件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

ゲノム編集の光と闇 ─人類の未来に何をもたらすか

青野 由利 著 

世界を驚愕させた「ゲノム編集ベビー」誕生の発表。生命の設計図を自在に改変する最先端の技術を基礎から解きほぐし、利益と問題点のせめぎ合いを真摯に追う。

ちくま新書  新書判   240頁   刊行日 2019/02/05  ISBN 978-4-480-07202-3
JANコード 9784480072023

定価:本体800 円+税

在庫  ○

ニュートリノって何? ─続・宇宙はこう考えられている

青野 由利 著 

話題沸騰中のニュートリノ、何がそんなに大事件? 素粒子物理学の基礎に立ち返り、ニュートリノの解明が宇宙の謎にどう迫るのかを楽しくわかりやすく解説する。

ちくまプリマー新書  新書判   240頁   刊行日 2016/02/08  ISBN 978-4-480-68954-2
JANコード 9784480689542

定価:本体860 円+税

在庫  ○

宇宙はこう考えられている ─ビッグバンからヒッグス粒子まで

青野 由利 著 

ヒッグス粒子の発見が何をもたらすかを皮切りに、宇宙論、天文学、素粒子物理学が私たちの知らない宇宙の真理にどのようにせまってきているかを分り易く解説する。

ちくまプリマー新書  新書判   208頁   刊行日 2013/04/08  ISBN 978-4-480-68896-5
JANコード 9784480688965

定価:本体820 円+税

在庫  ○

生命科学の冒険  ─生殖・クローン・遺伝子・脳

青野 由利 著 

最先端を追う「わくわく感」と同時に、「ちょっと待てよ」の倫理問題も投げかける生命科学。日々刻々進歩する各分野の基礎知識と論点を整理して紹介する。

ちくまプリマー新書  新書判   192頁   刊行日 2007/12/05  ISBN 978-4-480-68774-6
JANコード 9784480687746

定価:本体760 円+税

  • 1