ちくまの教科書 > 筑摩書房の国語教科書 > 副教材一覧 > ちくま文学講読〈初級編〉特設ページ
文学の世界を広げる準教科書
1年生で生徒にもっと文学的文章を触れさせたい先生方に
ちくま文学講読〈初級編〉2021年9月刊
安藤宏/紅野謙介 監修
A5判 978-4-480-91091-2 本体560円+税
これまで「定番教材」として支持されてきた珠玉の教材群から、小説10本、随想4本を厳選。1年生で生徒にもっと文学的文章を触れさせたい先生方におすすめです。脚注、脚問、手引き付きで、教科書と同様に使えます。
別売 指導資料完備 2022年3月刊行予定
指導用資料(冊子)/評価問題・本文データ(CD‐ROM)付
※『ちくま文学講読〈上級編〉』は2022年9月刊行予定です。
監修者の言葉

2022年度から実施の高等学校「国語」の新学習指導要領で、高校1年生用の必履修科目である「国語総合」があらたに「現代の国語」と「言語文化」の2つに分かれることになりました。このうち「現代の国語」は評論や実用文を扱い、「言語文化」は古典および小説などの文学教材を扱うことになっています。つまり「言語文化」で古典と現代小説の両方を扱わなければならなくなったために、現代小説の頁数が従来の「国語総合」に比べ、著しく減ってしまうことになったわけです。

目 次
小説一
愛されすぎた白鳥小川洋子
清兵衛と瓢簞志賀直哉
随想一
水の東西山崎正和
恋の歌を読む俵 万智
小説二
鷺沢 萠
檸檬梶井基次郎
小説三
水かまきり川上弘美
掟の門フランツ・カフカ/池内 紀訳
随想二
ある時間、待ってみてください大江健三郎
えぞ松の更新幸田 文
小説四
バブーシュカ吉本ばなな
安部公房
小説五
空き缶林 京子
富嶽百景太宰 治
内容見本

教科書と同じ体裁で使いやすい。脚問、学習の手引きつき。

安部公房「棒」

太宰 治「富嶽百景」

ちくまの教科書トップページへ テスト問題作成システム テスト問題作成システム:デモ版 筑摩書房ホームページへ 筑摩書房のWebマガジンへ お問い合わせ