ちくまの教科書 > 筑摩書房の国語教科書 > 副教材一覧 > 詳説 古典文法 特設ページ
最新の古典文法
詳説 古典文法
井島正博 編著・伊藤博美・仲島ひとみ 著
978-4-480-91725-6 本体619円+税
最新の研究成果も踏まえた、詳しく、わかりやすい古典文法。暗記だけではない、高校生の知的好奇心を喚起する本格派。別冊解答付き。
 

江戸時代の国学者、本居宣長の著書に、古今和歌集を当時の現代語に訳した『古今集遠鏡』という本があります。古典文法とは、まさに遠鏡(望遠鏡)のように、古代の人々が書いた文章を現代人にもありありと理解できるようにするためのツールです。それを通して千数百年続く日本の文化に直接触れることができるのです。しかしそれには若干の努力も必要です。確かに古典語は現代語へとつながる自国のことばではありますが、千年も前のことばを理解しようというのですから、外国語を習得するのと同じくらいに、文法と語彙とを身につけておく必要があります。子供の頃の母語の習得は無意識のうちに行われますが、成長してからのことばの習得はある程度の努力を要します。しかしそれによって開かれる古典の世界の豊穣さを思えば、それ以上に見返りのある努力の投下なのではないでしょうか。

目 次
内容見本
ちくまの教科書トップページへ テスト問題作成システム テスト問題作成システム:デモ版 筑摩書房ホームページへ 筑摩書房のWebマガジンへ お問い合わせ