ひみつのしつもん 岸本佐知子 著

奇想天外、抱腹絶倒のキシモトワールド、みたび開幕

今年18年目を迎えたPR誌「ちくま」の名物連載「ネにもつタイプ」から、既刊の『ねにもつタイプ』『なんらかの事情』につづいて、7年ぶりとなる3冊めの単行本を刊行します。著者は、文芸界隈で話題となっている『掃除婦のための手引き書 ルシア・ベルリン作品集』(ルシア・ベルリン著/講談社)をはじめ、海外文学の訳者として圧倒的な人気を持つ岸本佐知子さん。各回のイラストと単行本の装幀は、前2冊につづきクラフト・エヴィング商會。一度読めばくせになる“キシモトワールド” 最新作、多くのファン待望の一冊となります。いっそうぼんやりとしかし軽やかに現実をはぐらかし、机の上から宇宙の果てまで自在にひろがるキシモト流妄想術の技の冴えをとくとご覧ください!

ひみつのしつもん 岸本佐知子 著

岸本佐知子(きしもと・さちこ)

上智大学文学部英文学科卒。洋酒メーカー宣伝部勤務を経て翻訳家に。主な訳書にルシア・ベルリン『掃除婦のための手引き書』、ミランダ・ジュライ『最初の悪い男』、リディア・デイヴィス『話の終わり』、ショーン・タン『セミ』、ジョージ・ソーンダーズ『短くて恐ろしいフィルの時代』、ニコルソン・ベイカー『中二階』、ジャネット・ウィンターソン『灯台守の話』など多数。編訳書に『変愛小説集』『居心地の悪い部屋』『コドモノセカイ』『楽しい夜』など。著書に『気になる部分』『ねにもつタイプ』『なんらかの事情』などがある。『ねにもつタイプ』で第23 回講談社エッセイ賞を受賞。

ひみつのしつもん 岸本佐知子 著

岸本佐知子

ひみつのしつもん

PR誌『ちくま』名物連載「ネにもつタイプ」
待望の3巻めがついに! 各回のイラストと装幀は、前2冊につづきクラフト・エヴィング商會。
いっそうぼんやりとしかし軽やかに
現実をはぐらかしていく
キシモトさんの技の冴えを見よ!

刊行日:2019年10月9日 定価:本体1600円+税
ISBN:9784480815477

購入する 試し読み

講談社
エッセイ賞
受賞作

ねにもつタイプ

ねにもつタイプ

ISBN:9784480426734 定価:本体600円+税
ちくま文庫

購入する

なんらかの事情

なんらかの事情

ISBN:9784480433343 定価:本体600円+税
ちくま文庫

購入する