『向田邦子ベスト・エッセイ』 カバーイラスト: 寺西晃

向田邦子ベスト・エッセイ

向田和子 編 解説 角田光代

『向田邦子ベスト・エッセイ』 カバーイラスト: 寺西晃 イラスト: 寺西晃

家族、食、旅など、テーマ別に末妹が50篇を精選

幼いころから磨かれた観察眼と黙っちゃいられない正義感。
考え抜かれた言葉選びと胸がすくどんでん返しは、まさにエッセイのお手本。
「姉のところには何故か面白いことが押し寄せてくる」と語る末妹が選んだ、
家族、食、私、仕事のことから処世術まで。ちくま文庫オリジナル・アンソロジー。

7万部突破!

ごく平凡に見える日常が鮮やかな色彩を帯びて動き出す 没後40年
<草に寝そべる向田邦子>写真提供:かごしま近代文学館 <草に寝そべる向田邦子>写真提供:かごしま近代文学館

どんな手袋がほしいのか。

それは私にも判りません。

なにしろ、私ときたら、いまだに、これ一冊あれば無人島にいってもあきない、といえる本にもめぐりあわず、これさえあればほかのレコードはいらないという音も知らず──それは生涯の伴侶たる男性にもあてはまるのです。

多分私は、ないものねだりをしているのでしょう。一生足を棒にしても手に入らない、これは、ドン・キホーテの風車のようなものでしょう。でも、この頃、私は、この年で、まだ、合う手袋がなく、キョロキョロして、上を見たりまわりを見たりしながら、運命の神さまになるべくゴマをすらず、少しばかりけんか腰で、もう少し、欲しいものをさがして歩く、人生のバタ屋のような生き方を、少し誇りにも思っているのです。

(「手袋をさがす」より)

目次
家族
父の詫び状
ごはん
白か黒か
麗子の足
丁半
知った顔
娘の詫び状
お辞儀
父の風船
字のない葉書
食いしんぼう
お八つの時間
薩摩揚
幻のソース
水羊羹
お弁当
たっぷり派
「う」
「食らわんか」
犬と猫とライオン
犬の銀行
嚙み癖
猫自慢
六十グラムの猫
マハシャイ・マミオ殿
中野のライオン
新宿のライオン
こだわりの品
眠る机
眼があう
負けいくさ 東京美術倶楽部の歳末売立て
きず
旅枕
鹿児島感傷旅行
紐育(ニューヨーク)・雨
ないものねだり
沖縄胃袋旅行
反芻旅行
仕事
一杯のコーヒーから
放送作家
テレビドラマの茶の間
花束
わたしと職業
板前志願
「ままや」繁昌記
私というひと
お軽勘平
天の網
ポロリ
正式魔
電気どじょう
ヒコーキ
黄色い服
手袋をさがす
編者あとがき 向田和子
解説 角田光代
所収一覧

向田邦子(むこうだ・くにこ)

1929年、東京生まれ。脚本家、エッセイスト、小説家。実践女子専門学校国語科卒業後、記者を経て脚本の世界へ。代表作に「七人の孫」「寺内貫太郎一家」「阿修羅のごとく」。1980年、「花の名前」などで第83回直木賞受賞。おもな著書に『父の詫び状』『思い出トランプ』『あ・うん』。1981年、飛行機事故で急逝。

向田和子(むこうだ・かずこ)

1938年、東京生まれ。エッセイスト。向田邦子の末妹。邦子が考案した小料理屋「ままや」の経営者。
おもな著書に『向田邦子の遺言』『向田邦子の恋文』など。

向田邦子ベスト・エッセイ

向田邦子/向田和子

向田邦子
ベスト・エッセイ

いまも人々に読み継がれている向田邦子。
その随筆の中から、家族、食、犬と猫、こだわりの品、旅、仕事、私…、といったテーマで選ぶ。
【解説】角田光代

ISBN: 978-4-480-43659-7/990円(10%税込)/
384ページ/カバーイラスト: 寺西晃

購入する