Home

自らの名に無数の季節を抱く
無二の舞踊家にして
振付家・萬(よろず)春(はる)。
少年は八歳でバレエに出会い、
十五歳で海を渡った。
同時代に巡り合う、
踊る者 作る者 見る者 奏でる者――
それぞれの情熱がぶつかりあい、
交錯する中で彼の肖像が
浮かび上がっていく。
彼は求める。舞台の神を。
憎しみと錯覚するほどに。
一人の天才をめぐる傑作長編小説。
今まで書いた主人公の中でこれほど萌えたのは初めてです。恩田陸
ピアノコンクールを舞台に若き才能たちが
音楽へ挑む姿を描いた、
史上初の直木賞&本屋大賞W受賞作
『蜜蜂と遠雷』から進化を遂げる、
新たな代表作誕生!

構成の工夫、際だった輝きをもつ、いずれ劣らぬ魅力的な登場人物たち、そして作者のバレエに対する深い愛と尊敬から生み出された、傑作バレエ小説。

── 池澤春菜 (声優 作家・書評家)/2024年4月14日付読売新聞書評

この自然体を見よ! 誰からも愛される無邪気さと、空恐ろしいほどの天才性を両立させるのは普通に考えてきわめて困難だが、恩田陸はそのハードルをらくらくと越える。

── 大森望 (翻訳家・書評家)/2024年4月6日付東京新聞書評

多視点によって、主人公・春という天才を多角的かつ立体的に描き出すことに成功している。ドイツの名門バレエ学校で切磋琢磨する、個性的で魅力的な仲間たちや指導者に囲まれて成長していく春の魅力に押されて、436ページを一気読み必至です。

── 豊崎由美 (書評家)/2024年3月31日付北海道新聞書評

本作は、バレエの魅力についてはもちろん、舞台芸術全般が放つ魔力についての物語だ。小説は、小説では表現し得ないと思われることを表現することで、進化してきた歴史を持つ。その最先端の営みが、ここにある。

── 吉田大助 (書評家)/「小説 野性時代」2024年5月号

お知らせ

新聞

2024.05.12

しんぶん赤旗にて著者インタビューが掲載されました。

新聞

2024.05.05

聖教新聞にて著者インタビューが掲載されました。

新聞

2024.04.27

日経新聞にて紹介されました。(評者: 蜂飼耳さん)
「あらゆる表現に通じる視点をそなえた小説」

新聞

2024.04.14

読売新聞にて紹介されました。(評者:池澤春菜さん)
「構成の工夫、際だった輝きをもつ、いずれ劣らぬ魅力的な登場人物たち、そして作者のバレエに対する深い愛と尊敬から生み出された、傑作バレエ小説。」

ラジオ

2024.04.11

FM COCOLO『CIAO 765』でジュンク堂書店姫路店の角石さんに紹介されました。

雑誌

2024.04.01

「週刊現代」にて紹介されました。(評者:青柳いづみこさん)

雑誌

2024.03.25

「クロワッサン」にて著者インタビューが掲載されました。

雑誌

2024.03.22

「小説現代」にて紹介されました(評者:紀伊國屋書店横浜店 川俣めぐみさん)
spring
恩田陸

spring

好評発売中

448頁/定価:1,980円(10%税込)/ISBN:978-4-480-80516-4

【初版限定特典】書き下ろし番外編「反省と改善 spring another season」付き
本書は既に重版が出ています。書店様店頭には特典付きの初版と、特典未収録の二刷以降の両方が並んでいる可能性があります。お求めの際にはお客様ご自身でご確認ください。

全国の書店員さんから熱狂の声、続々

「すごい作品を読んだ」と暫く放心。舞踊の神を追い求め続ける春の行く末を、これからもずっと見届けたいと願った。五感に響く、美しく壮大な物語。バレエという芸術の世界へといざなってくれる、未だかつてない至福の読書体験。私にとってかけがえのない一冊となりました。
── 紀伊國屋書店久留米店

池尻真由美さん

とんでもない本だった。ずっとハルを知っていた気がした。ハルのファンになってしまった。映像が見えるとはこういうことか。脳内で音楽が、肌は周りの人々の熱気まで感じた。憧れ、悩み、焦り、過信、才能。道を極めるひとたちの全てが詰まっていた。体に残る1冊だった。
── 福岡金文堂志摩店

伊賀理江子さん

「ブラボー!」と、思わず叫びたくなりました。感情の全てを揺さぶり、昇華させてしまう魂の踊りに。一人の天才の、この世のカタチを表現しようとする凄まじさに驚愕し、美しさに心を奪われました。
── 蔦屋書店ひたちなか店

安直美さん

とんでもない存在に出会ってしまった。飄々としている不思議な人だと思って油断していると、春一番のような強い風が吹きつけて、いつの間にか身も心もさらわれてしまう。私は確かに、彼が持つ一万もの春の一部を目撃できたのだと思う。それが誇らしいようなうれしいような、いくつもの感情が湧き上がってきて、すっかり春の、そしてバレエの虜になった。
── 明屋書店喜田村店

高橋杏奈さん

ブックデザインについて

装丁について

この本の装丁は、恩田陸デビュー30周年への餞となることが、己に課したミッションでした。書名タイポはヘルマン・ツァップ由来のエレガントでありながら力強い書体「Zapfino」がベースとなっています。華麗に躍動する小説のポテンシャルをこの書体に込めました。

鈴木成一

『spring』恩田陸 ブックデザイン

パラパラ漫画について

生方隆之介さん、南江祐生さんのしなやかな動きや髪の流れを再現できるよう、何度も動画を見返しながらトレースという方法で制作しました。プロの踊りを少しでも感じ取っていただけると嬉しいです。

平林美咲(鈴木成一デザイン室)

『spring』恩田陸 バレエダンサーのシルエット
ページをめくるとダンサーが踊りだす「パラパラ漫画」がついています(紙版のみ限定仕様。電子版には収録されません)

恩田陸『spring』オリジナル! 「語るしおり」

「彼は美しい子供だった」「ねえ、君、どこのバレエ教室で習ってるの?」「でも、萬君だけだったんです――花の香りがしたのは」「あんた、プロになるんでしょう?」「今日も一日、踊り切れますように」「だけど、それじゃなかったんだ」「巡り合わせ?運命?言葉はなんでもいい」「君は、一人でずいぶんと遠くまで行くんだな」「二人で同時に出てきたってところに意味がある」「踊りとは目に見える音楽だ」「それって幻想だよね?」「あの目から出ている何かに俺たちは照射されていた」「戦慄せしめよ」「春ちゃん、置いていかないで」「今でも思い出す夜がある」「残らない。でも、覚えてる」「オマエさ、いつも何見てんの?」

「やっぱり、語りたくなるダンサーっているんですよ」

『spring』の作中で登場人物の一人が、主人公・萬春の魅力についてこう語ります。
この言葉が象徴するように、春を取り巻く様々な登場人物が彼について語り、
万華鏡のようにその肖像が浮かび上がっていく本作。
読者も読み進めるごとに、気持ちが湧き上がるように誰かに語りたくなる作品です。
そこで! あなたの好きなセリフや好きな一文=「推し文」を、シェアできるようにしました。
【「語るしおり」の遊び方】
【「語るしおり」の遊び方】
  • 1. 「語るしおり」をかざして「推し文」を抜き出し、写真を撮る
  • 2. 写真と「#springわたしの推し文」をつけて投稿

本来は、本文を写真に撮ってSNSでシェアすることは著作権的にNGです。でも今回は著作権者である恩田陸さんにこの「語るしおり」を使っている場合に限り特別に許可をいただき実現しました。
「何も言えない、とにかく読んで!」と推し文を撮ってしおりに語らせるもよし、推し文と共に本作の推しポイントをとにかく語るのもよし。
恩田さんも「今まで書いた主人公の中で、これほど萌えたのは初めて」とおっしゃっています。もしあなたにも滾る思いがわいてきたら、このしおりを使って、思う存分発信してください。

【「語るしおり」の遊び方】

『spring』 登場人物プロフィール

主人公の春を筆頭に、魅力的なキャラクターがふんだんに登場する『spring』。
恩田陸さんが直々に作成した、主要登場人物の設定集を大公開!

萬春(よろず・はる) HAL YOROZU |誕生日: 4月4日(牡羊座) /血液型: O /テーマカラー:ショッキングピンク /シンボル : イナリ(柴犬)| 「今日も一日、踊り切れますように」
深津純(ふかつ・じゅん)JUN FUKATSU|誕生日: 7月20日(蟹座)/血液型: A/テーマカラー: オレンジ/シンボル : まど(飼い猫・ロシアンブルー)| 「俺はとんでもなく幸せだった。同時に、とんでもなく悔しかった。」
志田稔(しだ・みのる) MINORU SHIDA|誕生日: 2月23日(魚座)/血液型: O/テーマカラー: グリーン/シンボル : 開いた本| 「バレエを始めた瞬間、彼の胸は「カチッ」と鳴ったはずだ。」
滝澤七瀬(たきざわ・ななせ) NANASE TAKIZAWA|誕生日: 6月19日(双子座)/血液型: B/テーマカラー: ブルー/シンボル : 八分音符| 「これ以上、スピードを上げられたら、あたしは追いつくことができない。」
フランツ・ヒルデスハイマー・ヘルツォーゲンベルク Franz Hildesheimer Herzogenberg|誕生日: 1月8日(山羊座) /血液型: B /テーマカラー: 紫 /シンボル : 王冠| 「僕がずっと恋しているのはバレエだよ。」
純白のカバーをめくると、表紙は純、稔、七瀬、春のイメージカラー4色が飛び散る鮮やかなデザインです。ぜひ実物をお手に取って確かめてみてくださいね。

純白のカバーをめくると、表紙は純、稔、七瀬、
春のイメージカラー4色が飛び散る鮮やかなデザインです。
ぜひ実物をお手に取って確かめてみてくださいね。

シンボル : イナリ(柴犬)/シンボル : まど(飼い猫・ロシアンブルー)/シンボル : 開いた本/シンボル : 八分音符/シンボル : 王冠
恩田 陸(おんだ・りく)

恩田 陸おんだ・りく

1964年、宮城県出身。小説家。92年『六番目の小夜子』でデビュー。2005年『夜のピクニック』で第26回吉川英治文学新人賞および第2回本屋大賞、06年『ユージニア』で第59回日本推理作家協会賞、07年『中庭の出来事』で第20回山本周五郎賞、17年『蜜蜂と遠雷』で第156回直木三十五賞、第14回本屋大賞を受賞。ほかの著書に『灰の劇場』『薔薇のなかの蛇』『愚かな薔薇』『なんとかしなくちゃ。青雲編』『鈍色幻視行』『夜果つるところ』、エッセイ集『土曜日は灰色の馬』『日曜日は青い蜥蜴』『月曜日は水玉の犬』など多数。
2024年4月4日萬(よろず)春(はる)生誕祭HALの祭典