日本文学の声 作者の語り―物語(日本の小説)の読み方・教え方
長きにわたってアメリカの大学で日本文学を教えた経験を持つ著者が日本文学の特質を教科書の定番教材を中心に解き明かすスリリングな論考。定番教材の見方が一変するかもしれません。
熊倉千之(くまくら・ちゆき)
1936年生まれ。サンフランシスコ州立大学卒業。カリフォルニア大学バークレーにて日本文学のPh.D.取得。ミシガン大学、サンフランシスコ州立大学などで日本語・日本文学を教える。1988年帰国後、東京家政学院大学・金城学院大学教授を歴任。著書に『日本人の表現力と個性―新しい「私」の発見』(中公新書 1990)、『漱石のたくらみ―秘められた『明暗』の謎をとく』(筑摩書房 2006)、『漱石の変身―『門』から『道草』への羽ばたき』(筑摩書房 2009)などがある。
ちくまの教科書トップページへ 筑摩書房ホームページへ 筑摩書房のWebマガジンへ お問い合わせ