読めば、世界がひとつにつながる、画期的な歴史シリーズ

ビジネス教養に効く、新シリーズ刊行開始!豊富な図版とともに、分かりやすく解説 人類5000年史 ちくま新書

これが、一番書きたかった本です。

経営者にして、古今東西の歴史書を読みつくしたビジネス界きっての読書家による渾身の書き下ろし!

Ⅲ 1001年~1500年

人類5000年史 Ⅲ 1001年~1500年Ⅰ 帯なし書影

<1001年~1500年>

十字軍の遠征、宋とモンゴル帝国の繁栄など
人や物の交流が盛んになるが、
気候不順、ペスト流行にも見舞われる。
ルネサンスも勃興し、人類は激動の時代を迎える。
ISBN:978-4-480-07266-5/定価:本体1000円+税/ちくま新書
詳細を見る

第八章 第五千年紀前半の世界(一〇〇一年から一五〇〇年まで)

(1)宋と東ローマ帝国の繁栄(一〇〇一年~一一〇〇年)
宋の近代性/澶淵システムの誕生/さまざまな変化を生んだ唐宋革命/中国の周辺諸国の動き/聞き入れられた提言「万言書」――王安石の登場/整合性のとれた王安石の改革/イスラームのインド、アフリカ浸透とセルジューク朝の台頭/レプブリケ・マリナーレ(海の共和国)/ヴァイキングのイングランドへの侵入/東ローマ帝国の最盛期とノルマン人の南イタリア征服/叙任権闘争/カノッサの屈辱/東ローマ皇帝の救援依頼
(2)十字軍の時代(一一〇一年~一二〇〇年)
第一回十字軍あるいはフランクの侵略/中世の春/第二回十字軍/二つの王冠を被った王妃アリエノール/ホーエンシュタウフェン家の台頭/第三回十字軍/フェデリーコ二世の誕生/アリエノールの最期/宋の南遷/日本と中国の交易/第四回十字軍/ローマ皇帝フェデリーコ二世/第五回十字軍/ホーエンシュタウフェン家の終焉/フランス王妃ブランシュ/商人の誕生
(3)モンゴル世界帝国(一二〇一年~一三〇〇年)
モンゴルの勃興/インドのムスリム化/モンゴル世界帝国/モンケの即位/クビライの即位/銀の大循環/ヨーロッパの調停者、聖ルイ九世の十字軍出立/「真珠の木」シャジャル/イスラームの英雄、バイバルス/シチリアの晩鐘/クビライによる大都の建設/クビライの外交政策/クビライの死とその後のモンゴル帝国
(4)ペストの大流行と明の建国、百年戦争の始まり(一三〇一年~一四〇〇年)
ローマ教皇のアヴィニヨン捕囚/百年戦争の始まり/ペストの猛威/明の建国/暗黒政権、明/カール四世の金員勅書/相次ぐ農民反乱とハンザ同盟の成立/ティムールの進軍
(5)ルネサンスの世紀(一四〇一年~一五〇〇年)
鄭和の大航海/シスマの終結/百年戦争の再開/ジャンヌ・ダルクの登場/メディチ家の春/薔薇戦争/春の戴冠/一四九二年/一五〇〇年の世界のGDP

クラック・デ・シュヴァリエ(シリア・世界遺産)

〈紀元前の世界〉ⅠⅠ

人類5000年史〈紀元前の世界〉ⅠⅠ 帯なし書影

<紀元元年~1000年>

漢とローマ二大帝国の衰退、世界三大宗教の誕生、
シルクロード時代の幕開け、「日本」の誕生等、
激動の1000年。
ISBN:978-4-480-06992-4/定価:本体880円+税/ちくま新書
詳細を見る

第六章 第四千年紀前半の世界(紀元元年から五〇〇年まで)

ナザレのイエス/大乗仏教の誕生/王莽の新/東漢の成立/班超(はんちょう)父子による西域の支配/東漢における科学の発達/インドの新帝国クシャーン朝/人類の最も幸福な時代/新約聖書の成立とストア派/東漢の衰退/三国時代/魏から晋へ/混乱するローマ帝国とサーサーン朝の建国/危機の三世紀/ローマ帝国の変質/晋の南遷/ローマ帝国の東遷とキリスト教の伸張/グプタ朝の興隆/諸部族の侵入とローマの東西分割統治/東アジアの政治的混迷と文化の爛熟/朝鮮半島の三国時代の始まり/北魏による華北統一/国家仏教の隆盛/諸部族の西ヨーロッパ定住/西ローマ帝国の滅亡とは何だったのか

第七章 第四千年紀後半の世界(五〇一年から一〇〇〇年まで)

北魏の分裂/中国統一への動き/フランク王国の分割と再統一/ユスティニアヌス一世とホスロー一世/隋の文帝と煬帝/長安の春(貞観の治)/密教の誕生とインド仏教の衰退 /預言者ムハンマド/イスラーム世界の拡大/ウマイヤ朝の成立/中国唯一の女帝/武韋(ぶい)の禍(か)とは何か/日本の誕生/開元の治とイコノクラスム/アッバース革命と安史の乱/ローマ教皇の自立/バクダードの繁栄とIT革命/マムルークの登場/唐の衰亡/税制の改正と唐の中興/唐の大宗教弾圧とインドの三王朝/唐の滅亡から五代一〇国へ/キタイの建国と朝鮮半島の再統一/名君、世宗の即位/宋の建国/東ローマ帝国の復権/コルドバの繁栄/オットー一世のローマ皇帝戴冠/一〇〇〇年の世界のGDP

マルトラーナ教会(パレルモ・世界遺産)内部

〈紀元前の世界〉Ⅰ

人類5000年史〈紀元前の世界〉Ⅰ 帯なし書影

〈紀元前の世界〉

文字の誕生から知の爆発の時代まで、
紀元前3000年の歴史をダイナミックに見通す。
ISBN:978-4-480-06991-7/定価:本体820円+税/ちくま新書
詳細を見る

第一章 文字が生まれるまで

「ルカ」から「ホモ・サピエンス・サピエンス」の登場まで
言語の誕生/脳の発達のために/ドメスティケーション
農耕牧畜社会の始まり/文字の創始

第二章 第一千年紀の世界(BC3000年頃からBC2001年まで)

世界最古の文明シュメール/エジプト文明
エジプト古王国とピラミッドの建設/インダス文明
メソポタミアの統一とエジプトの再統一/シュメール・ルネサンスの時代
第一千年紀末(BC2001年頃)の世界

第三章 第二千年紀の世界(BC2000年からBC1001年まで)

エジプト中王国の覇権/古バビロニア王国による統一とヒクソスのエジプト制圧
ヒッタイトの登場とミケーネ文明/黄河文明の登場
エジプト新王国の繁栄/初めての宗教改革とエジプトの神々
ヒッタイトの覇権とカデシュの戦い/BC1200年のカタストロフ
イスラエルの建国/商の滅亡

第四章 第三千年紀前半の世界(BC1000年からBC501年まで)

周の東遷と中華思想の誕生/新アッシリア王国の台頭
ポリスの誕生/ギリシャの神話世界/インドの部族国家
アッシリア世界帝国/新バビロニア王国の繁栄
ポリスの発展/春秋五覇/アカイメネス朝によるグローバリゼーション

第五章 第三千年紀後半の世界(BC500年からBC1年まで)

ペルシャ戦争/仏教の誕生/呉越の戦い/孔子の教え
アテナイの春/戦国時代の始まり/ギリシャでの覇権争い
仏教教団の分裂/旧約聖書の成立/ローマの台頭とエトルリアの衰退
アレクサンドロス大王/インドの統一/諸子百家
ポエニ戦争/中国の統一(秦漢帝国)/ローマの内乱
漢の興隆/BC100年頃の世界/カエサルとアウグストゥス
西暦元年(1年)頃の世界

内容見本

内容見本 p26_p27
内容見本 p52_p53

図版作成=朝日メディアインターナショナル株式会社

豊富な図版とともに、分かりやすく解説

ラファエロ・サンティ「アテナイの学堂」